北海道は根雪(長期積雪)の季節へ

寒い土地の暮らし・北海道 視線誘導柱(写真:アフロ)

根雪と長期積雪

 北海道では、ほぼ11月中旬頃から12月初旬にかけて初積雪があります。

 しかし、最初のうちは積雪があってもすぐに融けてしまいますが、11月下旬から12月上旬になると、積もった雪が融けない状態になります。

 これが「根雪」と呼ばれるものです。

 「冬の初めの頃に積もった雪が春の雪解け時期まで融けないこと」を「根雪」の定義とすると、いろいろなケースがあり、地方毎にニュアンスが微妙に違います。

 このため、気象庁では「根雪」に相当する「長期積雪」という定義を用いて、統計をとっています。

 この「長期積雪」は、積雪が30日以上連続した時の継続日数です(途中で積雪が無い期間があっても継続とする場合があります)。

 北海道では4~5ヶ月、北陸地方の山間部や東北地方の内陸部では3~4ヶ月、北陸地方の平野部では1~2ヶ月にわたって「長期積雪」が続きます。

 雪が少ない地方でも、寒さが続く年には、積雪が融けずに「長期積雪」になることがあります。例えば、強い寒気が南下して北陸地方が豪雪となった昭和38年(1963年)には、福岡県飯塚市で1月5日~2月15日まで「長期積雪」がありました。

北海道の長期積雪

 北海道では、長期積雪初日の平年日が一番早いのは旭川で、11月22日です。

 一番遅いのは釧路で、12月30日と、同じ北海道でも1ヶ月以上の開きがあります(図)。

図 北海道の長期積雪初日の平年値
図 北海道の長期積雪初日の平年値

 北海道の根雪は、地域による差だけでなく、年によっても大きな差があります。

 昨年(2016年)の旭川では、長期積雪初日が10月29日と記録的な早さでしたが、長期積雪初日は、稚内では早い年は10月末、遅い年は12月末と、年によって大きな差があります(表)。

表 北海道各地の長期積雪初日
表 北海道各地の長期積雪初日

 北海道の11月下旬は根雪の始まる頃ということができます。

 そして、春の雪解けまでの4~5ヶ月間、冬本番が続きます。

 

図表の出典:気象庁ホームページ。