紅葉狩りの季節 またも大荒れの土日

紅葉とシニアカップル(写真:アフロ)

今年の台風は土日襲来

 今年の台風は、7月4日(火)に長崎県に上陸した台風3号を除くと、ほとんどが土日に襲来しています。

7月29日(土)に南西諸島南部を通過した台風9号

8月6日(日)に九州南部に接近した長寿の台風5号

9月17日(日)に東シナ海から鹿児島、高知、兵庫に上陸した台風18号

10月22日(日)の総選挙の日に沖縄近海から東海地方に進んだ台風21号

10月29日(日)は沖縄近海から東海沖を進んだ台風22号

 台風は曜日を選んで襲来するわけではありませんので、これは偶然です。

 そして、今度の土日、11月11日(土)、12日(日)は、発達した低気圧です。

今度の土日の天気

 ロシアの沿海州に発達中の低気圧があり、この低気圧に伴う寒冷前線が通過しますので、寒気が南下し、北日本を中心に寒くなります(図1)。

図1 地上天気図(平成29年11月8日3時)
図1 地上天気図(平成29年11月8日3時)

 その後、移動性高気圧に覆われ、少し暖かくなりますが、次の低気圧が発達しながら北日本に接近しますので、低気圧の発達の程度によっては、北日本を中心に大荒れとなります(図2)。

図2 予想天気図(平成29年11月9日21時の予想)
図2 予想天気図(平成29年11月9日21時の予想)

 札幌管区気象台は、土日に暴風警報(暴風雪警報)を発表する可能性を示しています(図3)。

図3 札幌(北海道石狩地方)の警報級の可能性(11月8日5時札幌管区気象台発表)
図3 札幌(北海道石狩地方)の警報級の可能性(11月8日5時札幌管区気象台発表)

 そして、土日に低気圧が通過した後は寒くなります。

 初冬は、このように日本付近を低気圧と移動性高気圧が交互に通過し、移り変りの天気の中で気温が段階的に低くなります。

 11月18日は、旧暦の10月1日で「神無月」の始まりです。「神無月」は、別称「小春」ですので、この季節としては暖かい「小春日和」の日も出現します。初冬は、小春日和を挟みながら次第に寒くなり、「山装う(山粧う)」から「山眠る」へ移行します。

行楽には気象情報入手を

 紅葉狩りの季節ですが、人間都合で天気は変わりません。行楽は、気象情報の入手が不可欠です。

 北日本を中心に、あいにくの天気になる可能性がある週間天気予報ですが、最新の気象情報の入手に努め、安全に行楽の秋を楽しんで欲しいと思います(図4)。

図4 札幌と仙台の週間天気予報
図4 札幌と仙台の週間天気予報

図1、図2、図3、図4の出典:気象庁ホームページ。