東京オリンピック追加の5競技が決定 サーフィンは、ハワイ国唯一の金メダリストが始める

デューク・カハナモク像(提供:アフロ)

ブラジルのリオデジャネイロで開催されているIOC総会で、サーフィン(男女ショートボード)が、野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミングとともに、2020年に東京で開催されるオリンピックの追加競技に決まりました。

オリンピックに新しく採用となったサーフィンという競技は、ハワイで誕生しました。

サーフィンとデューク・カハナモク

サーフィンの誕生に大きく貢献したのは、ハワイのワイキキ・ビーチの真中に等身大の銅像があるデューク・カハナモク(Duke Kahanamoku)です(タイトル画像)。

1912年のストックホルム五輪で、男子100m自由形で金、男子800mフリーリレーで銀、

1920年のアントワープ五輪で、男子100m自由形で金、男子800mフリーリレーで金、

1924年のパリ五輪で、男子100m自由形で銀メダルと、オリンピックで5個のメダルをとっています。

全盛期と思われる1916年のベルリン五輪が、第一次世界大戦の影響で中止となっていますので、カハナモクは、もっと多くのメダルがとれていたのではないかと思います。

ハワイが、アメリカの50番目の州となったのは1959年と、それほど昔ではありません。

ハワイは、1898年にアメリカが併合したことで、カハナモクの時代は、米自治領ハワイ準州となっていました。しかし、住民はハワイ国という意識が残っていたうえに、カハナモクは生粋のハワイ人でした。

このため、ハワイ国唯一のオリンピック金メダリストとして、ハワイでは人気を誇っていました。

カハナモクが仲間たちと興じていた波乗り、そして考案したスポーツ、これがサーフィンです。このため、ワイキキ・ビーチのカハナモクの銅像の背中にはサーフボートが立ててあります。

ハワイでサーフィンが誕生した大きな理由として、ハワイが世界中で唯一といっていいほど、一年を通してサーフィンに適した波に恵まれていることがあげられています。

サーフィンに適した波

図1 波は風浪とうねりの和を示す概略図
図1 波は風浪とうねりの和を示す概略図

波(波浪)は、その場所で吹いている風によって生じた「風浪」と、遠方から伝わってくる「うねり」が合わさったものです(図1)。風浪は強い風が吹けば吹くほど大きくなり、個々の波は不規則で波の先端は尖っています。うねりは、波の周期が風浪よりも長く、波の先端は丸くなっています。

サーフィンに適した波は、波高が高く、周期が長く(波長が長い)、しかも、波の周期がそろっている波です。このような波は、遠くの大荒れの海域からやってくるうねりが、風が穏やかで、水深が浅い場所にやってきて出来るものです。

風が強い場所では、うねりに風で生じた波長が短い波が重なってしまうために、高い波になっても、サーフィンには適しません。第一、危険です。

ハワイは一年中高気圧に覆われて風が弱いのですが、冬には遠く離れたアリューシャン近海で大荒れの天気が続くため、そこからのうねりによって北海岸、東海岸、西海岸にサーフィンに適したうねりがやってきます。

夏にはさらに遠く離れた南極海で冬の大荒れとなるため、そこからのうねりによって南東海岸と南西海岸にサーフィンに適したうねりがやってきます。特に夏は、はるか遠くからのうねりですので、周期のそろったサーフィンに素晴らしく適した波がきます(図2)。

図2  ハワイのサーフィンに適した波と日本のサーフィンに適した波
図2  ハワイのサーフィンに適した波と日本のサーフィンに適した波

日本でサーフィンに適した波

南極海が冬の大荒れとなっているときに生じている、サーフィンに適した波は、オーストラリア大陸やインドネシアの島々にさえぎられてしまうため、日本には入ってきません。

日本でサーフィンに適した波は、南海上の台風から発生した大きなうねりが入ってきてできた波(土用波)です。

しかし、台風はいつも同じ場所にいるわけではありません。サーフィンに適した時間、場所は刻々と変わり、かつ台風が接近してきたら即中止というサーファー泣かせの波です。

東京オリンピックでのサーフィン会場は、これから決定とのことですが、どこで行われるにしても、気象情報が重要となることには変わりがありません。

ハワイのように、いつもサーフィンに最適な波がくるわけではないからです。

このため、選手は、刻々と変わる波の状態に合わせる高度な技術が要求され、番狂わせが起きやすのではないかと勝手に想像し、今から日本人選手の活躍を期待しています。

図の出典:饒村曜(2014)、天気と気象100ー一生付き合う自然現象を本格解説ー、オーム社。