台風の定義が17.2メートルと端数の理由

雲の渦巻き(提供:アフロ)

台風は、熱帯低気圧のうち、域内の最大風速が毎秒17.2以上になったものを言います。

この定義が使われているのは、昭和28年からです。

太平洋戦争前の台風の定義

太平洋戦争が終わるまで、台風は熱帯で発生した低気圧をさし、具体的な数値基準はありませんでした。

このため、現在の台風の数値基準である最大風速が17.2メートル未満であっても、台風としてカウントしていましたので、現在よりも台風発生数が多くなります。

しかし、中央気象台(現在の気象庁)では、日本付近の狭い範囲の天気図しか作っていませんので、太平洋中部の様子が全くわからず、ここで発生する台風はカウントしていませんでした。

このため、昭和初期の台風の発生は、年に8から17個でした。

観測網整備で急増

図1 昭和元年から昭和16年までの台風発生数
図1 昭和元年から昭和16年までの台風発生数

戦争の足音が近づいていた昭和13年、パラオに南洋庁気象台ができます。そして、南の島々に次々と観測所が作られていったことから、昭和15年7月から太平洋天気図が毎日のルーチン作業として作られるようになります。

このため、昭和15年の台風発生数は49個と急増しています。しかし、ここでいう台風には、最盛期でも10毎秒メートル程度しか風が吹いていない熱帯低気圧も、数多く含まれています。

太平洋戦争後の台風はアメリカ軍の基準で

表1 熱帯低気圧の呼び名の変遷(気象庁監修「気象百年史」による)
表1 熱帯低気圧の呼び名の変遷(気象庁監修「気象百年史」による)
表2 風力階級と陸上の様子(気象庁風力階級の一部)
表2 風力階級と陸上の様子(気象庁風力階級の一部)

太平洋戦争終結後、日本の気象事業は占領軍(アメリカ軍)に従うようになっていますので、台風の分類はそれにならいます。

アメリカ軍は、太平洋戦争末期から台風に対して、飛行機による観測を行い、熱帯低気圧を3つに分類していました(表1)。

これに対応する形で、日本でも台風の定義が風力階級で決められました。台風は風力12以上、熱帯性低気圧は風力7~11、熱帯性低気圧より風が弱いものは「弱い熱帯性低気圧」と呼びました。

当初、熱帯性低気圧を風力7からにしたのは、風力7から被害が出始めると考えたからですが、防災対応が進んできたことから、被害がではじめる風の基準を引き上げ、風力8からとしています(表2)。

また、風速計による客観的な観測が増えてきたことから、すぐに風力階級ではなく、それに対応する風速の値となっています(対応のしかたは時代とともに多少の変遷があります)。ただ、単位は、アメリカが用いているノットでした。

日本独立後の台風の定義

日本が独立し、中央気象台が独自の予報を出せるようになった昭和28年以降は、それまでの「熱帯性低気圧」と「台風」を一緒にして「台風」としています。また、「弱い熱帯性低気圧」を「弱い熱帯低気圧」として、「性」の字を落としましたが、「熱帯性低気圧」が無くなったために「弱い」の意味が分からなくなっています。

同時に、ノットからメートル毎秒への換算が行われました。

1ノットは1時間に1カイリ進む早さで、メートル毎秒に換算すると、0.514メートル毎秒です。

このため、台風の基準は、四捨五入も考えて、34ノットではなく、33.5ノットを使い、33.5ノット×0.514=17.2メートル毎秒となったのです。

昔の台風資料を見るときは注意

このように、同じ「台風」という表現でも、その定義が時代とともに変わっています。気象庁では、昭和26年から台風資料を整備していますが、それ以上前の資料をみるときは、注意が必要です。

図の出典:饒村曜(1986)、台風物語、日本気象協会。