今年2月に放送された日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」内の企画「第16回山-1グランプリ」に出演し、歌ネタ「私ったら困ってます」で存在感を見せたホロッコこまりさん(47)。インパクトを残した同曲が話題となり、カラオケDAMや音楽配信サービスでも配信が始まるなど余波を生んでいます。遅咲きのホープとして注目されていますが、これまで貫いてきた哲学とは。

カラオケ、そして楽曲配信

 「山-1グランプリ」を機にいろいろな変化がありました。

 SNSの登録者数も一気に増えましたし、何よりあの放送をカラオケの担当者さんが見てくださっていて、番組で私が歌った歌ネタの曲「私ったら困ってます」が5月からカラオケで歌えるようになったんです。

 さらに6月29日から音楽配信サービスで楽曲配信もスタートしまして、一晩で本当にあれやこれやウソみたいなことが起こることになりました。

 嬉しいというのももちろんあるんですけど自分の人生で自分の歌がカラオケに入るなんて思ってもみなかったので不思議ですね。デンモクで自分の名前が出てくるというのはとても変な感じといいますか(笑)。

貫く哲学

 もともと私は芝居の世界にいまして女優として活動をしてたんですけど、お世話になっていて、もう今はお二人とも亡くなってしまった伝説のコンビ「フォークダンスDE成子坂」さんのライブのお手伝いをさせてもらうことになりまして。

 そこをきっかけに1999年から旦那とコンビを組むことになり(2004年に結婚)、ずっと二人で話し合いながら、二人のペースでやってきたというのがこれまでの流れなんです。

 今でもコンビニでアルバイトをしながら活動をしてるんですけど、ここまで貫いてきたのは「無理をしない」ということだと思います。

 自分に合ってないことはしない。世に出るために無理にキャラクターを作って頑張るとかそういうことはしない。結局、それをやっても無理があるので、どこかで心が折れてしまう。

 だったら、何が正解かは難しい世界ですけど、私たち二人の正解として、おじいちゃん、おばあちゃんになってもずっとこの仕事ができているようにということを第一にやる。そんなルールが自然とできていったように感じています。

 この仕事の魅力ですか。単純ですけど、笑ってもらえた時の気持ちうれしさ。そこに尽きると思います。

 元来は私は恥ずかしがり屋なんですけど、それでいて目立ちたがり屋というややこしい性格でもあるんですけど(笑)、そんな自分を出して喜んでもらえる。それ以上の喜びはないと心底思いますね。

 そんな中で今回のように注目していただくのはただただありがたいことですし、いつかは全国ライブツアーを毎年できるような存在になる。そこを最終的な目標として今は考えています。

 そして、今回の歌ネタでNHK紅白歌合戦に出られたら、そら、もう言うことないです(笑)。いきなり目標が飛躍しちゃいましたけど…。

(撮影・中西正男)

■ホロッコこまり

1974年10月15日生まれ。埼玉県出身。本名・堀田真理子。それぞれ別の活動を経て、1999年に現在の夫のほり太(結婚は2004年)とコンビ「ホロッコ」を結成。ピン芸人・ホロッコこまりとして女芸人No.1決定戦「THE W 2020」準決勝進出、「歌ネタ王決定戦2021FINAL」準決勝進出など存在感を見せ、今年2月に放送された日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」内の企画「第16回山-1グランプリ」に出演した。5月からカラオケDAMでホロッコこまりがネタ内で歌っていた曲「私ったら困ってます」が配信開始。また6月29日から音楽配信サービスでも配信がスタートした。