「不安はない」。白間美瑠が真っすぐ前を見る理由

「NMB48」からの卒業を発表した白間美瑠さん

 アイドルグループ「NMB48」最後の1期生・白間美瑠さん(23)。5月30日に大阪城ホールで行われるコンサートでの卒業を先月発表しました。卒業後はソロアーティストとして活動していく予定ですが、それを決意させた韓国での思い。そして、描き始めた夢のカタチ。今の胸の内を吐露しました。

自分で自分の道を作る

 自分でも驚くくらい、不安はないんです。

 それだけ「NMB48」でいろいろなことを学んだということだと思いますし、ここからはやれることをどんどんやっていこうという熱い気持ち、メラメラ感の方が大きいです。「やってやるぜ!今よりもっと活躍してやるぞ!」という感じで(笑)。

 その気持ちになれているのは、自分のやりたいことがハッキリと決まっての卒業だからだと思います。

 私は歌って踊ることが大好きです。なので、これからもソロのアーティストとしてやっていきたい。今後は自分で自分の道を作っていければなと思っています。

自信がなかった

 そう考えるようになったきっかけは、2018年に韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」に参加させてもらったことでした。

 韓国には半年くらいいたんですけど、これまでの活動で、間違いなく一番大変な時間になりました。

 3日間寝ないくらいは当たり前。ステージにかける熱のすさまじさ。そして、それだけ力を振り絞るような努力してステージに立った時の楽しさ。そういったものを、体で学びました。

 韓国に行く前は、実は、自分自身にすごく自信がなかったんです。この仕事に対して「大好きです。幸せです」と言い切れる自信がなかったというか。

 でも、韓国での時間を経験して、自分の武器を見つけた。それが、ステージの楽しさにつながっていって、ずっとこれをやっていくという覚悟につながったと思っています。

 自分の武器、それは“表情管理”という部分です。韓国での時間の中で「曲によって表情が次々に変わるね」という声をいただきまして。それ以前は、自分の表情をそこまで明確に気にしたことがなかったんですけど、それを教えていただいて、意識が変わったというか。「これが自分の武器になるんだ」という感覚が出てきたんです。

 カッコ良くキレキレにダンスをする。表現力豊かに歌う。そういう練習はしてたんですけど、表情という部分をそこまで細かく意識したことはなかった。でも、そこを意識して、練習をしていくことで、自分の中でより一層、ステージが楽しくなっていったんです。

当たり前ではない

 それと、ファンの皆さんへの意識も、韓国での時間を経験して、より強くなったと思います。

 韓国では自分のことは全く知られていなくて、声をかけられることもない。その状況をこれでもかと経験して、また「NMB48」に戻ってきた時に、みなさんが「みるるん!」と呼んでくださる。

 これは決して当たり前のことではないですし、どれだけ幸せなことなのかというのを改めて噛みしめました。だからこそ、ちゃんと恩返しがしたいと感じましたし、続けられる限り、この喜びをずっと味わえる自分でいたいとも思ったんです。

さやねぇの背中

 今改めて「NMB48」での時間を振り返ると、入った時が12歳。ダンスも全然ついていけなくて、毎日先生に怒られてばかりでした。

 ただ、全くできなかったからこそ、人一倍努力する根性は学んだと思います。誰よりも早くレッスン場に来て、最後まで残って練習する。その努力を積み重ねてきたことは、自分の中で自信にもなりました。

 大きな影響を受けたのは、山本彩ちゃん、さやねぇですね。「NMB48」を最初から先頭に立って引っ張ってきてくれた。

 歌もダンスもできて、リーダーの資質もあって、全てを兼ね備えているセンターはなかなかいない。さやねぇの背中は本当にでっかくて、ずっとそこを越えたいと思ってきました。

 だから、自分がセンターをやるとなった時は、私もさやねぇのように全てができる自分でないといけないと思っていましたし、そう思わせてくれたさやねぇの存在はやっぱりすごく大きいものだなと。

 いつもお父さんがレッスン場まで車で送ってくれていたんですけど、車を出る時に、お父さんとグータッチをしながら「さやねぇを越えような」といつも言ってましたからね(笑)。それくらい、大きな目標でした。

 そして、そのさやねぇが卒業する時に「これからの『NMB48』、よろしくな」って言ってもらったのは、本当にうれしかったです。長々とした言葉じゃないですけど、そこに全てが詰まっているというか。

目指すべき道

 その自分が卒業するわけですから、なんとも感慨深いところもありますけど、あとは、自分が思う道を突き進むしかないですからね。

 自分が目指す方向性としては“強い女性”という色を出していきたいなと。例えば、安室奈美恵さんとか、倖田來未さんとか、芯のある強さというか、そういった空気をバンと打ち出せるアーティストになりたいですね。

 そして、大きな話になってしまいますけど、ゆくゆくは海外にも行ける存在になりたいです。

 韓国で大きな衝撃を受けたのが今の思いの始まりですし、日本を出ても通用する自分になれたらなと思っています。

 そのために、韓国語も習い始めました。とはいえ、本当にまだ習い始めなので、道のりは果てしなく遠いんですけど(笑)、いつの日か、そんな自分に出会えるよう頑張ります。

(撮影・中西正男)

■白間美瑠(しろま・みる)

1997年10月14日生まれ。大阪府出身。アイドルグループ「NMB48」のメンバー。Showtitle所属。愛称・みるるん。2010年に「NMB48オープニングメンバーオーディション」に山本彩、渡辺美優紀、吉田朱里らとともに合格。11年のデビュー曲「絶滅黒髪少女」から選抜メンバーに選ばれ、14年にはシングル「らしくない」で矢倉楓子とともにダブルセンターを、17年にはシングル「ワロタピーポー」で単独センターを務めた。15年から18年までの「AKB48」兼任を経て、18年には韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」に参加。今年3月、大阪・オリックス劇場で行われた「NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜」決勝大会で「NMB48」からの卒業を発表した。卒業コンサートは5月30日に大阪城ホールで開催予定。

立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。上方漫才大賞など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、KOZOクリエイターズに所属する。読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」、MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して♡」、ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」などに出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞。また「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。noteで「全てはラジオのために」(note.com/masaonakanishi)も執筆中。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「乃木坂46」からカウンセラーへ…適応障害を乗り越えた中元日芽香の今長谷川まさ子6/22(火) 10:17
  2. 2
    林家ぺー・パー子が撮り続けて見つけたもの中西正男6/21(月) 17:00
  3. 3
    【戦国こぼれ話】西国の太守・毛利元就は本当に天下を望まなかったのだろうか。その謎を考える渡邊大門6/22(火) 6:00
  4. 4
    「大豆田とわ子」のいない火曜日に考える、あのドラマは何だったのか?碓井広義6/22(火) 8:24
  5. 5
    いよいよ三冠チャレンジが見えてきた? 藤井聡太二冠(18)堂々の歩みで叡王戦挑戦者決定戦に進出松本博文6/22(火) 16:35
  6. 6
    【先取り「鎌倉殿の13人」】初の武家政権を築いた平清盛。その最期は灼熱地獄の悲惨なものだった渡邊大門6/21(月) 6:00
  7. 7
    藤井聡太二冠(18)スペシャリスト丸山忠久九段(50)の一手損角換わりを受けて立つ 叡王戦準決勝開始松本博文6/22(火) 10:18
  8. 8
    ちゃぶ台を素手で引き裂くなど、朝メシ前。『刃牙』シリーズ・範馬勇次郎の強さは、科学を超越している!柳田理科雄6/21(月) 8:00
  9. 9
    内田理央が20代の最後に5年ぶりの写真集 「ぷりぷりした体にしてパンチラで沸きました(笑)」斉藤貴志6/20(日) 11:35
  10. 10
    【戦国こぼれ話】徳川家康、毛利元就、武田信玄ら名立たるグルメな戦国大名の大好物は何だったのか渡邊大門6/19(土) 6:00