「それやったら、仕事せぇへん」。新型コロナ禍で板尾創路が見出した自らのカタチ

仕事への思い、そして、今の思いを語る板尾創路

 芸人、映画監督、俳優と様々な顔を持つ板尾創路さん(57)。「関西演劇祭2020」(11月21日~29日、大阪・クールジャパンパーク大阪TTホール)ではフェスティバルディレクターも務めています。幅広く仕事にあたる中、新型コロナ禍による自粛生活は自らを見つめ直すきっかけになったと言います。その中から見出した「それやったら、仕事せぇへん」という思いとは。

「残る」感覚

 昨年に引き続き「関西演劇祭」でフェスティバルディレクターという役割をやらせてもらうんですけど、今はだいたい仕事の9割くらいはお芝居がらみの仕事になってますね。今から4~5年前からかなぁ、お芝居が完全に多くなってきましたね。

 お芝居のリズムというか、時間をかけてじっくりと作っていく。その感覚が合ってるんですかね。数時間でババッと終わるバラエティーの収録とはまた違う時間の流れ。

 もちろん、瞬発力というか、その場で瞬間、瞬間、ハジけてやるという面白さもあるんですけど、お芝居は残っていく感覚がありますよね。特に、映画なんかはそうなんでしょうけど、今だけでなく、これからずっと見ていただける。その「残る」感じが楽しいかなというのもありますね。

 ま、テレビは若い人でナンボでも埋まりますからね。僕なんかは呼ぶ側が気を使うでしょうし。現場の人やプロデューサーよりも年上になりましたし、面倒くさいでしょうからね(笑)。

画像

「それやったら、仕事せぇへん」

 ただ、今年はやっぱり新型コロナという部分で生活は変わりました。僕の場合は家族がいるんで、毎日嫁さんが作ったご飯を食べて、買い物に行ったり、子供を塾に送り迎えしたり、公園に連れて行ったり。撮影が止まって、ずっと家族と一緒にいましたね。

 これはこれでね、これだけ子どもと一緒にいることもないでしょうしね。仕事は止まっていたんですけど、これだけ家族と一緒にいることもなかなかないだろうし、それはそれで値打ちを感じてもいました。

 ただね、時間があるからといって「コレに没頭した!」みたいなことがないんですよ。だからね、今回改めて、自分は仕事以外に趣味がないんやなと痛感しました。

 なんかねぇ、仕事以外に好きなことがあったら、僕は仕事をしていない感じがするんです。こういう芸能界のエンターテインメントの仕事をしていて、仕事以外の時は「趣味に没頭してます!」みたいな人ってすごいなと思って。

 性格からいうと、多分、僕は仕事以外に好きなことがあったら、もう、それやったら、仕事せぇへんやろなと。やっぱり、この仕事が好きやから、やってますから。

 仕事をやりながら趣味も満喫できる人をうらやましいなとも思うけど、趣味なんて無理に作るもんでもないですしね。ストレスがないわけでもないけど「仕事のストレスを趣味で発散する」という感覚が僕にはないんですよね。多分、僕はストレスを仕事で発散できてるのかなと。

 今回の自粛期間の中でも、結局、何をするわけでもなかったし。改めて、それが僕なんやろうなと思いました。

画像

 好きな仕事をできるだけ続けていきたいという思いはもちろんありますし、中でも、生の舞台には立っていたいと思いますね。けいこもあるし、お客さんが入る入らないも考えないといけないし、いろいろ大変な部分もあるんですけど、やっぱりお客さんの前でやるのは楽しいし、やりがいもあります。

 それを続けるために、まずは体を大切にしないといけませんからね。できるだけ外食をしないとか、そういう部分はやっぱり気を付けるようにはなりましたね。何がびっくりするって、あと3年で60歳というのが驚きですけど(笑)、いつまでも一番好きなことができているように、なんとかやっていこうと思っています。

(撮影・中西正男)

■板尾創路(いたお・いつじ)

1963年7月18日生まれ、大阪府出身。NSC大阪校4期生。お笑いコンビ「130R」のボケ担当。俳優としても活動し、NHK連続テレビ小説「まれ」、フジテレビ系ドラマ「営業部長 吉良奈津子」「僕たちがやりました」、映画「さや侍」「私の奴隷になりなさい」などに出演する。また「板尾創路の脱獄王」「月光ノ仮面」「火花」では監督を務めた。クリエイター、劇団、観客に出会いの場を提供する「関西演劇祭2020」(11月21日~29日、大阪・クールジャパンパーク大阪TTホール)ではフェスティバルディレクターを担当している。

立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。上方漫才大賞など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、KOZOクリエイターズに所属する。読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」、MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して♡」、ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」などに出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞。また「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。noteで「全てはラジオのために」(note.com/masaonakanishi)も執筆中。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    【戦国こぼれ話】明智光秀が本能寺で討とうとしたのは織田信長ではなく、徳川家康だったのか渡邊大門5/13(木) 6:00
  2. 2
    「宮脇咲良、HKT48卒業」情報がダダ漏れ──全世界が注目する彼女の去就松谷創一郎5/13(木) 14:44
  3. 3
    【戦国こぼれ話】明智光秀は山崎の戦いで死なず、関ヶ原合戦の出陣前に川で溺死したのか渡邊大門5/12(水) 6:00
  4. 4
    アレクサンダーが語るヒモ論。そして、言葉の刃との向き合い方中西正男5/13(木) 17:00
  5. 5
    「自分が正しいと思いすぎ」。上西小百合を変えた上沼恵美子の言葉中西正男5/12(水) 8:50
  6. 6
    月9「イチケイのカラス」は、恋以外のキュンを発明したドラマ界のニューノーマル木俣冬5/12(水) 11:52
  7. 7
    藤井聡太二冠は順位戦史上単独2位の22連勝を達成できるか? 5月13日、B級1組・三浦弘行九段戦松本博文5/12(水) 19:57
  8. 8
    現役最年長・桐山清澄九段(73)勝てば現役続行、負ければ引退 5月14日、上村亘五段(34)と対戦松本博文5/13(木) 16:55
  9. 9
    【戦国こぼれ話】毛利家の参謀だった僧侶の安国寺恵瓊が関ヶ原合戦で陥れられ、悲惨な最期を遂げたという話渡邊大門5/9(日) 6:00
  10. 10
    【戦国こぼれ話】戦国の傾奇者・前田慶次とは、どんな男だったのだろうか。逸話の数々は本当なのか渡邊大門5/7(金) 6:00