取材21年。胸に突き刺さった、西川きよし「ブランコの話」

文化功労者に選出された西川きよし(2013年、筆者撮影)

 西川きよしさんが、文化功労者に選出されましたね。漫才師としては初、吉本興業の所属タレントでも初の快挙となりました。

 1999年、僕がデイリースポーツに入社し芸能担当記者になった時から今に至るまで、ずっときよしさんの取材をしてきました。

 一時期、きよしさんにデイリーで連載をしてもらっていて、その担当をしていました。その関係で、大阪・箕面のご自宅にも何度かお邪魔しました。

 まだ20代半ばの若手記者の頃、初めてきよしさんのお宅に行かせてもらい、西川ヘレンさんに出してもらったシュークリームは、今でも僕が人生で食べた全てのシュークリームの中で一番美味しいものでした。どこのお店のものかは分かりませんでしたが、人生に成功した人は、こんなものを常食できるのかと味蕾のみならず、脳のあらゆるスポットが刺激されたことを強く記憶しています。

 きよしさんへの世間のイメージと言えば、真面目、丁寧、礼儀正しい。そういった領域だと思いますが、実際に取材をしていても、その領域から足を踏み出した姿を一度たりとも見たことがありません。

 もし、仮に、イメージを保つために、きよしさんが頑張って、頑張って、その領域に自分の身を収めているとしても、あそこまで徹底してそれをやりきるのは本当にすごいことであり、それはもはや、芯から、真面目、丁寧、礼儀正しいということになると思っています。

 幾度となく、インタビューもさせてもらいましたが、取材をし、原稿が紙面に掲載されると、親子ほど年の離れた僕などにも、それこそ、丁寧に御礼の電話をいただきます。

 「西川です!紙面を拝見しました!エエ原稿にしてもらって、本当にありがとうございます!」

 こちらが恐縮するほど、本当に丁寧で、力みなぎる御礼の電話。ただ、その電話がかかってくる時間が朝6時。

 新聞を見て「少しでも、早く御礼を伝えなければ」という思いからのお電話なのだと思うのですが、朝6時に携帯電話に“西川きよし”という文字が着信として表れ、こちらは寝起きバリバリながら、大人としての精神レベルとテンションを数秒でマックスにまで急上昇させて、電話に出る。おそらく、ヒートショックばりに、体には負荷がかかっていたのかもしれませんが、どこまでもありがたいお電話でした。

 あと、僕がきよしさんから直接うかがったお話で、今、思い出しても心が震えるのが「ブランコの話」です。

 ヘレンさんへの感謝の思いを尋ねるインタビューだったのですが、この「ブランコの話」には優しさ、思いの強さ、やりきる力…。きよしさんのあらゆるものが込められている気がしています。当時の取材メモを以下に再録してみます。

この記事は有料です。
中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~のバックナンバー2020年10月サンプル記事

中西正男

価格

330(記事6本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。2003年、故桂米朝さんにスポーツ紙として異例のインタビューを行う。「上方漫才大賞」など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、株式会社KOZOクリエイターズに所属する。現在、読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」などにレギュラー出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞する。また、CNN、BBC、ニューヨークタイムズなどが使用する記事分析ツール「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    【「麒麟がくる」コラム】明智光秀が築城した坂本城は、フロイスも唸った驚くほどの名城だった!?渡邊大門12/3(木) 8:36
  2. 2
    杉本昌隆八段(52)逆転勝利で叡王戦八段予選準決勝進出 藤井聡太二冠(18)が勝ち上がれば師弟戦実現松本博文12/3(木) 13:58
  3. 3
    【「麒麟がくる」コラム】足利義昭と織田信長に両属した明智光秀。光秀は義昭から離れたかったのか!?渡邊大門12/2(水) 8:23
  4. 4
    藤井聡太二冠(18)叡王戦八段予選で勝ち上がり、杉本昌隆八段(52)との3度目師弟戦実現松本博文12/3(木) 17:31
  5. 5
    裏口入学事件のハリウッド女優が早くもTV復帰。「金持ちは金持ちを支える」と批判の声猿渡由紀12/3(木) 6:30
  6. 6
    「涙が止まらなかった」ミュージカル界の新星・海宝直人が受け取った三浦春馬さんの言葉中西正男12/2(水) 10:41
  7. 7
    強すぎる弟子・藤井聡太二冠(18)師匠・杉本昌隆八段(52)との3度目の戦いにも勝利 叡王戦八段予選松本博文12/3(木) 22:15
  8. 8
    劇場版「鬼滅の刃」興収300億円突破 年内達成の条件は?河村鳴紘12/1(火) 8:00
  9. 9
    【深掘り「麒麟がくる」】信長はなぜ比叡山を焼き討ちにした? 和睦が破綻した真相渡邊大門11/28(土) 11:30
  10. 10
    豊島竜王、初防衛か? 羽生九段、カド番しのぎ100期へ望みつなぐか? 12月5日・6日、竜王戦第5局松本博文12/3(木) 19:02