MITAKA Next Selection開幕、東京夜光『BLACK OUT』が描く演劇界の「今」

演出助手の仕事は円滑な稽古の進行に不可欠だ ※記事内写真:撮影 林亮太 

 三鷹市芸術文化センター恒例の「MITAKA"Next"Selection」が今年も幕を開けた。今後の成長が期待される新進3劇団が競演するという、演劇界のインキュベーションともいえる試みだ。出演劇団は同センターの担当者が各地の劇場に足繁く通い、熟慮を重ねて選定している。今年で21回目を数え、ここから活躍の場を広げていった劇団や作家も多い。

 

 無事に開催されるとの報に喜びつつ、色々な意味で忘れがたい年になりそうな今年は果たしてどんな作品が登場するのだろうと思ったら…第1弾となる東京夜光『BLACK OUT』(作・演出:川名幸宏)は、何と「コロナ禍に見舞われる演劇界の今」を舞台化してみせたのだ。

 舞台は、とあるプロデュース公演の稽古場だ。2020年2月末、政府の自粛要請が発動される中、2週間後の解除を信じて稽古は始まる。4月10日の初日に向けて。

 座長の男優は人気アイドルらしい。ヒロイン役は「舞台は初めて」というモデルだ。かと思えば小劇場出身の演劇一筋な俳優もいる。演出には最近はテレビにも進出している売れっ子演出家が起用されている。最近子どもが生まれたばかりだという舞台監督、そして、酸いも甘いもかみ分けるプロデューサー。

 「演劇界あるある」のキャラクターが続々と登場し、よくあるプロデュース公演の舞台裏をのぞき見ているような面白さがある。その一人ひとりを描く作者の筆致はイタいところをついていて、それでいて「だよね~」と思わず笑ってしまう。冷静さと温かみのバランスが絶妙だ。

稽古初日、顔合わせからすでに波乱含み
稽古初日、顔合わせからすでに波乱含み

 タレント俳優も職人気質の俳優も、演出家もスタッフも、それぞれの立場で譲れないものがある。そのこだわりがぶつかり合って大喧嘩になったかと思えば、次の瞬間には一致団結して稽古に励み始める。ギリギリのところで皆を繋ぎ止めるもの、それは舞台への想いだ。

 どんな作品もきっとこんな激しい過程を経て生み出されたのかと思うと、これまで見てきた様々な舞台で勝手な感想を言い散らかしてきたことが申し訳なくなってしまった。

 

 そんな中「いつかは演出家として自分の作品を上演したい」と願いつつ、演出助手としていい働きぶりを見せるのが主人公の真野くん(丸山港都)である。「演出」と「演出助手」は似て非なるもの。稽古場の要ともいうべき演出助手にスポットがあたり、その仕事内容が詳しくわかるのも興味深い。

 

 しかし、齢30を迎えんとする真野くんは悩んでいる。このまま演出家を目指し続けていいものか? むしろ、お声がかかるのは演出助手としての仕事ばかり。どの世界でも「表現者としての道を追求すること」と「食べていくこと」の間にはズレがあるもの。真野くんに我が身を重ねてしまう人は少なからずいるだろう。

 

 危機を何度も乗り越えながらも稽古は佳境を迎える。いよいよ近づいてくる初日。だが、観客である私たちはわかってしまっている。この舞台は初日を迎えられないだろうということを。つい先頃までは私たち自身も渦中にいたはずの世界を、客観的に眺めているという不思議な感覚だ。

 

 演劇が好きな人なら誰しも、この自粛期間中に考えたに違いない。「演劇って何のためにあるのだろう?」とか、「自分にとって演劇はどういう意味を持つのだろう?」とか。この作品は、そんな自分たちの姿を一歩引いたところから見せてくれる効果がある。そうやって眺めていると、「これからも演劇を好きでいても、いいんじゃないか」と思えてくる。

(ここから先、結末についてのネタバレあり)

果たして、真野くんの舞台は無事に幕が上がるのだろうか?
果たして、真野くんの舞台は無事に幕が上がるのだろうか?

 悩める真野くんのところに思いがけない話が舞い込む。ある劇場が、8月に真野くん作・演出の舞台をやってみないかというのだ。あらゆる舞台が中止に追い込まれる中、脚本を執筆し続ける真野くん。やがて観客は気付くことになる。今、こうして観ているこの舞台こそが、真野くん自身の作品であることに。

 「真野くん」はこの作品の作者であり、もっというとこれからの演劇界の担い手の象徴だろう。ここまでくると観客はみんな真野くん応援団になっているだろうが、それは図らずも演劇界のこれからにエールを送ることでもある。観客は真野くんを通して演劇界の未来に夢を託すができるのだ。なんとも巧い仕掛けではないか。

 

 タイトルの「BLACK OUT」は「暗転」という意味だそうだ。劇中に「暗転を発明した人ってすごいよね」というセリフがあるが、言われてみればこれまで「暗転」の意味や価値など考えてみたこともなかった。

 暗転はただの闇ではない。その間に舞台は転換し、全く新しい場面が始まる。暗転とは、そんなワクワクする時間でもある。

「暗転」は舞台裏のスタッフの知恵と集中力の賜物でもある
「暗転」は舞台裏のスタッフの知恵と集中力の賜物でもある

 

 もしかすると、この数カ月の自粛期間は演劇の長い歴史の中では、少し長めの「暗転」だったのかもしれない。帰り道、三鷹の駅まで歩きながら、ふとそんなことを思いついた。

 だとすれば、再び照明がついたときには、思いも寄らない新たな展開が待っているはずだ。そうだ、きっとそうに違いない。

※「MITAKA"Next"Selection」は本作が30日に千秋楽を迎えた後、第2弾として劇団献身『知ラン・アンド・ガン!』(9月4~13日)、第3弾としてPityman『みどりの山』(10月2~11日)の上演も予定されている。果たしてどんなユニークな作品が飛び出すか、楽しみだ。