23日のKBOリーグは韓国北部・首都圏の3試合が雨で中止。南部の2試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

サムスンライオンズ-キウムヒーローズ(テグ)はキウムが6-1で勝利した。キウムは3連勝、サムスンは3連敗。キウムの先発アン・ウジンが好投し、7回1/3を投げて被安打5、三振4、失点1で今季8勝目(4敗)を挙げた。

初回から150キロ台後半の直球を連発したアン・ウジンは、スライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜながらピンチらしいピンチを迎えることなく、7回までサムスン打線を0点に抑えた。

アン・ウジンは8回にヒット3本で1点を与えてマウンドを降りたが、3本目のヒットを許したキム・ヒョンジュンの2球目、この日の97球目に記録した球速160キロがこの日の最速だった。

プロ5年目、22歳のアン・ウジンは昨季挙げた自己最多の8勝に前半戦で到達。防御率は2.34でリーグ6位につけている。

◇6月23日(木)の結果

・LG 中 止 ハンファ(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SSG 中 止 トゥサン(インチョン)

 勝:

 敗:

・KT 中 止 NC(スウォン)

 勝:

 敗:

・サムスン 1 - 6 キウム(テグ)

 勝:アン ウジン

 敗:ウォン テイン

・KIA 7 - 4 ロッテ(クァンジュ)

 勝:キム ジェヨル

 敗:ナ ギュンアン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「KBO最速は162キロ」

投手の球速に関する公式記録はないが、かつてLGツインズに在籍し、2016年に楽天でもプレーしたラダメス・リズが2012年に残した162キロがリーグ最速とされている。国内の投手で160キロ台を計測したのは20年と今回のアン・ウジンだけだ。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

SSGランダーズ戦は雨で中止となった。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。