19日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

ロッテジャイアンツ-KIAタイガース(プサン)はKIAが4-2で勝利。KIAの先発ヤン・ヒョンジョンが7回2/3を投げて被安打4、ロッテ打線を初回にイ・デホに喫した2ランの2点に抑えて今季3勝目を挙げた。ヤン・ヒョンジョンはこの日の勝利でリーグ史上4人目の通算150勝を達成した。

ヤン・ヒョンジョンは、2007年ドラフト2次指名1ラウンドでKIAに入団。2017年には20勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得、チームを優勝に導き、シーズンと韓国シリーズの両方でMVPを手にした。

昨季はメジャーリーグに挑戦しレンジャーズでプレー。今季KIAに復帰した。34歳2か月での150勝到達は、チョン・ミンチョル(元ハンファ、元巨人)の35歳2か月を抜いて最年少記録となった。通算成績は434試合150勝97敗0セーブ、防御率3.79。

◇5月19日(木)の結果

・トゥサン 3 - 9 SSG(チャムシル)

 勝:フォント

 敗:チェ スンヨン

・KT 3 - 7 LG(スウォン)

 勝:イム チャンギュ

 敗:コ ヨンピョ

・ハンファ 1 - 2 サムスン(テジョン)

 勝:イ スンヒョン

 敗:ユン ホソル

・ロッテ 2 - 4 KIA(プサン)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:イ インボク

・NC 1 - 3 キウム(チャンウォン)

 勝:アン ウジン

 敗:ルチンスキー

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「オ・スンファン350セーブ達成」

サムスンライオンズのオ・スンファンがハンファイーグルス戦の10回表に3番手で登板。1点のリードを守って今季11セーブ目。通算セーブ数を350とした。オ・スンファンはNPBで80、MLBで42セーブを記録し、日米韓での通算は472セーブとなった。

(関連記事:元阪神・呉昇桓がKBOリーグ通算300セーブ達成 古巣の和田元監督、福原コーチも祝福

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

SSGランダーズ戦に1番ライトで先発出場。1打席目空振り三振、2打席目は1死三塁で、フルカウントでの8球目をライトに運ぶタイムリーヒットを放った。5回1死の3打席目はサードベースの横を抜くレフトへのヒット。4打席目は8球目に四球を選んだ。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。