14日のKBOリーグは全5試合が17時開始で行われた。

SSGランダーズ-NCダイノス(インチョン)でSSGの先発キム・グァンヒョンが、3回表にこの日5つ目の三振を1番ソン・アソプか奪い、通算1500奪三振を達成した。リーグ史上6人目、現役ではヤン・ヒョンジョン(KIA)に次いで2人目となる。

この日のキム・グァンヒョンはスライダー、チェンジアップで打者を処理し、7回99球を投げて被安打5、失点1。9つの三振を奪った。

試合は2-1でSSGが勝利し、首位のSSGは連敗を3でストップ。キム・グァンヒョンは負けなしのリーグトップタイ6勝目。防御率0.60で1位を維持している。

◇5月14日(土)の結果

・LG 5 - 3 KIA(チャムシル)

 勝:イ ジョンヨン

 敗:チョン サンヒョン

・SSG 2 - 1 NC(インチョン)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:シム チャンミン

・KT 0 - 3 キウム(スウォン)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ソ ヒョンジュン

・ハンファ 5 - 8 ロッテ(テジョン)

 勝:ソ ジュンウォン

 敗:ユン デギョン

・サムスン 4 - 0 トゥサン(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:ストック

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「ブキャナン自身2度目の完封勝利」

サムスンライオンズ-トゥサンベアーズ(テグ)でサムスンの先発デービッド・ブキャナン(元ヤクルト)が、9回119球を投げ6安打無失点。4-0で勝利しブキャナンは自身2度目の完封勝利を記録した。ブキャナンは4勝3敗、防御率2.17。チームは3連勝となった。

完封し、捕手のカン・ミンホと抱き合うブキャナン(写真:サムスンライオンズ)
完封し、捕手のカン・ミンホと抱き合うブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

サムスン戦に1番ライトで先発出場、1打席目ファーストゴロ、2打席目ショートゴロ併殺打、3打席目ショートゴロ、4打席目レフトへヒットを放った。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。