22日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

15勝2敗で貯金13の首位SSGランダーズと、勝率2割9分4厘で最下位9位タイのハンファイーグルスが今季初対戦。

両チーム無得点のまま試合は進みハンファは6回裏、4番ノ・シファンが無死2塁でライトへタイムリーを放ち1点を先制。7回には9番イム・ジョンチャンに2号ソロが出て2-0とした。

試合はハンファがそのまま逃げ切って勝利。7人の投手リレーでSSG打線を無得点に抑えたハンファは、今季初の零封勝利で最下位を脱出。一方のSSGは今季初めて得点なく敗れた。

◇4月22日(金)の結果

・トゥサン 1 - 5 LG(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:イ ヨンハ

・キウム 4 - 5 KIA(コチョク)

 勝:ロニー

 敗:ヨキッシュ

・KT 4 - 3 NC(スウォン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:シン ミンヒョク

・ハンファ 2 - 0 SSG(テジョン)

 勝:ユン ホソル

 敗:ノ ギョンウン

・サムスン 2 - 8 ロッテ(テグ)

 勝:バーンズ

 敗:ペク チョンヒョン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「声出し応援が解禁」

韓国野球委員会(KBO)は22日、政府の「新しい日常のためのソーシャルディスタンス義務化措置の解除」を受けて、同日からマスク着用時の声を出しての応援を解禁した。2019年の秋以来となる。なおマスクをしていても、過度な大声での応援や、飲食中に声を出すことは禁止。入場時の検温は今後も行われる。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

LGツインズ戦の7回表、4番キム・ジェファンに代わってレフトの守備に入り、9回の先頭打者として回ってきた打席は、強い打球のショートゴロだった。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。