KTウィズの3勝0敗で迎えた韓国シリーズ第4戦は、8-4でKTがトゥサンベアーズを下し、リーグ参入7年目で初のチャンピオンとなりました。

KTは2回までに5点を挙げて序盤に主導権を握り、先発のペ・ジェソン投手をはじめ、リリーフ陣がリードを守りました。打線では5番のジャレド・ホイング選手が2ランホームランを含む、4安打3打点の活躍を見せました。

今季のKTは76勝59敗9分け。サムスンライオンズと全く同じ成績の同率1位で公式戦を終え、全日程終了翌日にサムスンとの1位決定戦を行いました。韓国シリーズ進出をかけた一発勝負にKTは1-0で勝利。14日からの韓国シリーズでは、負けなしの4連勝でシリーズ制覇を果たしました。

(関連記事:全日程終了後の同率1位の決定戦でKTが勝利し初の1位/ロマック(元DeNA)引退

KTは通信事業者最大手・KTが親会社の球団。2014年にKBOリーグ10番目の球団として誕生し、初年度は2軍のみ活動した後、15年から1軍に参入しました。参入直後は3年連続最下位(10位)でしたが、20年に初のポストシーズン進出となる3位に。そして今年は初出場の韓国シリーズで栄冠を手にしました。

KTには元千葉ロッテのイ・デウン投手が在籍(韓国シリーズでの登板はなし)。コーチ陣では鈴木郁洋元オリックスコーチが今季から2軍バッテリーコーチを務めています。また7月まで元中日のソイロ・アルモンテ外野手がプレー。阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手が、昨季まで4シーズン在籍していました。

⇒ KT ウィズ紹介(ストライク・ゾーン)

KTに敗れたトゥサンの公式戦成績は1位と5.5ゲーム差の4位。進んだポストシーズンではワイルドカード決定戦、準プレーオフ、プレーオフを勝ち上がって、7年連続の韓国シリーズ出場を決めましたが、4タテを喫して4位からの初の頂点到達とはなりませんでした。

◇11月18日(木)の結果

・韓国シリーズ 第4戦

 トゥサン 4 - 8 KT(コチョク)

 勝:ペ ジェソン

 敗:クァク ピン

⇒ 2021年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「優勝指揮官は西武でのコーチ研修経験あり」

チームを初優勝に導いたイ・ガンチョル監督は18年までトゥサンでヘッドコーチを務め、19年からKTの指揮を執り今季が3年目。現役時代は横手投げ投手として主にヘテ、KIAでプレー。リーグ歴代3位の通算152勝を記録しました。引退後の2006年には西武の秋季キャンプにコーチ研修で参加したことがあります。

イ・ガンチョル監督(写真:kt wiz)
イ・ガンチョル監督(写真:kt wiz)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

韓国シリーズ第4戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。