7日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

首位のKTウィズはキウムヒーローズに9-2で勝利し、126試合目で70勝一番乗りです。KTは先発のオム・サンベク投手が6回2失点で4勝目(1敗)を挙げています。

この試合で5番ジャレド・ホイング選手が9号満塁弾を含む3安打4打点と活躍。途中加入のホイング選手は50試合に出場し打率2割5分5厘ですが、10月に入って好調で29打数13安打、打率4割4分8厘を記録しています。

またこの日は6月に雨天中断によりサスペンデッドゲームとなった、トゥサンベアーズ-ロッテジャイアンツ(チャムシル)が夕刻に7回途中から再開され、ロッテが7-6で勝利を収めました。

(関連記事:接戦の7回途中に突然の豪雨 サスペンデッドゲームとなって続きは10月に

◆「イ・デホ通算350本塁打達成」

ロッテのイ・デホ選手が、トゥサン戦の1-1で迎えた7回表にライトへ18号ソロ。この一打が決勝打となりました。イ・デホ選手はKBOリーグ史上4人目の350本塁打を達成しています。NPBでの98本、MLBでの14本を合わせると462本です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテ戦の9回表、パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月7日(木)の結果

・トゥサン 2 - 7 ロッテ(チャムシル)

 勝:キム ドギュ

 敗:ホン ゴンヒ

・KT 9 - 2 キウム(スウォン)

 勝:オム サンベク

 敗:チェ ウォンテ

・ハンファ 4 - 3 SSG(テジョン)

 勝:チュ ヒョンサン

 敗:キム テクヒョン

・KIA 1 - 8 LG(クァンジュ)

 勝:ペ ジェジュン

 敗:タカハシ

・NC 4 - 5 サムスン(チャンウォン)

 勝:ムン ヨンイク

 敗:キム ヨンギュ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。