11日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

KIAタイガース-NCダイノス(クァンジュ)は9月に入って中継ぎから転向したユン・ジュンヒョン投手が、今月3度目の先発マウンドに上がりました。

ユン・ジュンヒョン投手はサイドスローからの緩急を生かした投球で、5回73球を投げて被安打5、失点2でマウンドを降りました。試合はKIAが序盤のリードを守って5-3で勝利。連敗を5で止めています。敗れたNCは4連敗です。

先発のユン・ジュンヒョン投手はプロ初勝利。大卒4年目、26歳のユン・ジュンヒョン投手は今年5月に育成選手から正式登録され、以後先月まで主に中継ぎで結果を残していました。

◆「2年目左腕が6者連続四死球のワースト新記録」

トゥサンベアーズ-LGツインズ(チャムシル)の1回裏、LGの先発、2年目左腕のキム・ユンシク投手が2死後にヒットを許すと、4番キム・ジェファン選手への死球以後、5~9番まで5者連続四球。6人続けて四死球を与えました。6者連続四死球はリーグワースト記録。これまでの最多は5者連続でした。

この日のLGは8投手が登板。許したヒットは4本ですが、14個の四死球を記録しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

LG戦の同点で迎えた9回裏、申告敬遠で出塁のヤン・ソクファン選手の代走として出場。2死一、三塁となったところで二塁に盗塁しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。あす12日は全カードがダブルヘッダーのため10試合が行われます。

◇9月11日(土)の結果

・トゥサン 5 - 5 LG(チャムシル)

 勝:

 敗:

・KT 2 - 2 SSG(スウォン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 4 - 5 サムスン(テジョン)

 勝:シム チャンミン

 敗:チョン ウラム

・KIA 5 - 3 NC(クァンジュ)

 勝:ユン ジュンヒョン

 敗:イ ジェハク

・ロッテ 7 - 13 キウム(プサン)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ストレイリー

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。