感染症関連と代表選手の東京オリンピック(五輪)出場のため、公式戦を中断していたKBOリーグが7月11日以来の再開。全5試合中、雨で中止のサムスンライオンズ-トゥサンベアーズ(テグ)を除く4試合が行われました。

LGツインズ-SSGランダーズ(チャムシル)は4-0でLGが勝利。LGは五輪組のキム・ヒョンス、オ・ジファン両選手がそれぞれ2、6番で先発出場しています。

また途中入団でこの日がKBOリーグ初出場のジャスティン・ボーア選手(元阪神)が、指名打者で出場し4番に座りました。

(関連記事:元阪神のボーア、LGツインズ入り

ボーア選手はSSGの先発ウィルマー・フォント投手に1打席目はサードへのファールフライ、2打席目が見逃し三振。3打席目は左のキム・テクヒョン投手から低めのスライダーで空振り三振を喫し、4打席目はキム・サンス投手に直球を空振り三振と4打数無安打3三振でした。

LGは先発のケイシー・ケリー投手が7回4安打無失点で6勝目(4敗)を挙げています。2位のLGはこの日敗れた首位KTウィズとのゲーム差を1に縮めました。

◆「KIAの先発助っ人、大麻関連で退団」

KIAタイガースは9日、アーロン・ブルックス投手の退団を発表。ブルックス投手がアメリカのネット通販で注文した電子たばこに、大麻成分が含まれていたことが税関の調査でわかったためです。ブルックス投手は「韓国で大麻が不法と知っているし、頼んだ電子たばこには大麻成分がないと思って注文した。自分の過失によりファンと球団、ナインの名誉を傷つけて申し訳ない」としています。ブルックス投手は先発として昨季11勝を挙げ、2年目の今季は3勝5敗でした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

LGツインズとの2軍戦は雨で中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇8月10日(火)の結果

・LG 4 - 0 SSG(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:フォント

・キウム 3 - 1 KT(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ペ ジェソン

・サムスン 中 止 トゥサン(テグ)

 勝:

 敗:

・KIA 4 - 1 ハンファ(クァンジュ)

 勝:ホン サンサム

 敗:キム ボムス

・NC 2 - 5 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ストレイリー

 敗:ルチンスキー

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。