エースの好投でNCが連敗を3でストップ 首位LGの連勝は4で止まる<韓国KBOリーグ>

7回無失点で6勝目を挙げたドリュー・ルチンスキー(写真:NCダイノス)

10日の韓国KBOリーグは1試合が雨天中止。4試合がナイトゲームで行われました。

LGツインズ-NCダイノス(チャムシル)はNCの先発ドリュー・ルチンスキー投手が、LGを7回6安打無失点に抑える好投。

打線ではNCの8番カン・ジンソン選手が2号2ランを含む、4打数3安打3打点の活躍を見せ6-0で勝利。連敗を3で止めました。ルチンスキー投手は6勝目(3敗)。一方の敗れた首位LGは連勝が4でストップです。

◆「ロッテのパク・セウン、2戦続けて好投」

4日のKTウィズ戦で自身初の完封勝利で3勝目を挙げた、プロ8年目25歳のパク・セウン投手(ロッテ)がトゥサンベアーズ戦に先発。この日も7回4安打1失点と好投しました。

試合は4-1でロッテがリードの9回表、トゥサンが同点に追いつき、パク・セウン投手の白星は消えましたが、ロッテはその裏にソン・アソプ選手のタイムリーヒットでサヨナラ勝ちしています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガースとの2軍戦に6番センターで先発出場。3打数無安打1四球でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇6月10日(木)の結果

・LG 0 - 6 NC(チャムシル)

 勝:ルチンスキー

 敗:イ ミンホ

・SSG 中 止 KT(インチョン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 1 - 0 キウム(テジョン)

 勝:チョン ウラム

 敗:チョ サンウ

・サムスン 4 - 2 KIA(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:イム ギヨン

・ロッテ 5 - 4 トゥサン(プサン)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:ホン ゴンヒ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。