リリーフ左腕がプロ12年目で初勝利 打者4人と対戦し3球三振を3つ奪う<韓国KBOリーグ>

プロ初勝利を挙げたキム・デユ(写真:LGツインズ)

14日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

首位のサムスンライオンズと、2.5差で追う同率2位のLGツインズの対戦は、3-3で迎えた7回裏、LGが無死三塁で1番ホン・チャンギ選手のレフトの前に落ちるヒットで勝ち越しに成功。この一打が決勝打となってLGが勝利しました。

LGは7回表から2番手で登板のキム・デユ投手が、プロ12年目で初勝利を飾っています。この日のキム・デユ投手は1回1/3を投げ無失点。対戦した4人の打者のうち、3人から3球三振を奪う好投を見せました。

敗れたサムスンの先発デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)は、6回104球を投げて被安打5、失点3(自責点1)でこの日を含め、この3試合勝ち負けはついていません。ここまで8試合に登板し4勝1敗、防御率は2.17です。

◆「30歳12年目の開花」

プロ初勝利を挙げたキム・デユ投手は2010年にネクセン(現キウム)ヒーローズでプロ生活をスタート。2次ドラフトでSKワイバーンズ(現SSGランダーズ)に移籍した後、SKを戦力外となってKTウィズ入りしました。そしてKTから再び2次ドラフトで昨年、自身4球団目となるLG入りしています。

今季のキム・デユ投手は、横手に近いスリークォーターから繰り出す直球、カーブ、スライダーで左打者を手玉に取り、4月には11試合連続無失点を記録。ここまでチームトップの10ホールドを挙げています。この日は今季16試合目の登板、プロ55試合目で嬉しい初勝利となりました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SSG戦の9回裏、キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月14日(金)の結果

・LG 4 - 3 サムスン(チャムシル)

 勝:キム デユ

 敗:イム ヒョンジュン

・キウム 1 - 6 ハンファ(コチョク)

 勝:キム ミンウ

 敗:チェ ウォンテ

・SSG 3 - 6 トゥサン(インチョン)

 勝:キム ミンギュ

 敗:チャン ジフン

・ロッテ 1 - 9 KT(プサン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:ノ ギョンウン

・NC 5 - 2 KIA(チャンウォン)

 勝:チェ グムガン

 敗:イ ジュンヨン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。