均衡をやぶる一発、ダブルスチールで追加点 昨年の王者が3連勝で同率2位に浮上<韓国KBOリーグ>

9回表、重盗で捕手のタッチを避けて滑り込むカン・ジンソン(写真:NCダイノス)

13日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルス-NCダイノス(テジョン)はハンファがニック・キンガム、NCはキム・ヨンギュの両先発投手が5回まで0点に抑えて、試合は後半戦に突入しました。

NCは6回表、この回の先頭打者2番のクォン・ヒドン選手が左中間へ4号ソロを放ち、均衡をやぶって1点を先制すると、相手のエラーでこの回1点を追加し、2-0としました。

その裏、ハンファも1点を挙げるも、NCは9回表、1番パク・ミンウ選手のタイムリーで3-1に。さらに1死一、三塁となった2番クォン・ヒドン選手の打席でダブルスチールを仕掛け、これが成功して4-1としました。

試合は4-2でNCが勝利。昨年の覇者NCは3連勝で、首位と2.5ゲーム差の同率2位に浮上です。

◆「通算900試合登板まであと10」

ハンファのチョン・ウラム投手が13日のNC戦に3番手で登板。今季11試合目のマウンドで、通算登板数を890としました。チョン・ウラム投手は来月1日で36歳になるプロ18年目。900試合登板まであと10になるとともに、リュ・テクヒョン元投手(現KIAコーチ)が持つ、歴代最多登板数901に迫っています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦の9回裏、ホセ・フェルナンデス選手の代走で出場しました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月13日(木)の結果

・トゥサン 13 - 14 キウム(チャムシル)

 勝:ヤン ヒョン

 敗:チョ ジェヨン

・KT 0 - 4 サムスン(スウォン)

 勝:ウォン テイン

 敗:デスパイネ

・ハンファ 2 - 4 NC(テジョン)

 勝:キム ヨンギュ

 敗:キンガム

・KIA 3 - 8 LG(クァンジュ)

 勝:ソン ウンボム

 敗:ブルックス

・ロッテ 5 - 4 SSG(プサン)

 勝:キム デウ

 敗:イ テヤン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。