メジャーデビューのヤンに代わる新星 18歳左腕が6回10K無失点でプロ初勝利<韓国KBOリーグ>

初勝利を挙げたイ・ウィリ(写真:KIAタイガース)

28日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-ハンファイーグルスは、KIAの高卒ドラ1新人イ・ウィリ投手が、今季4度目の先発マウンドに上がりました。

イ・ウィリ投手は6回85球を投げて散発の2安打、四球1。6連続を含む10個の三振を奪い、ハンファ打線を0点に抑えました。試合はKIAが序盤に点数を重ねて4-0で勝利。イ・ウィリ投手はプロ初勝利を挙げています。

この日のイ・ウィリ投手は最速149キロの直球でテンポよくストライクを先行させ、チェンジアップで空振りを奪っていきました。

イ・ウィリ選手はこれまでの3試合でも好投していましたが白星がつかず、この日4試合目で勝利を手にしました。

◆「ヤン・ヒョンジョンの後釜として」

KIAは長年チームを支えた韓国を代表する左腕エースのヤン・ヒョンジョン投手が、メジャー進出を目指して渡米。レンジャーズとのマイナー契約でのスタートでしたが、27日(韓国時間)のエンゼルス戦に2番手で登板しメジャーデビュー。4回1/3を投げて被安打5、2失点という内容でした。

そのヤン・ヒョンジョン投手の後を継ぐ存在として期待されている、イ・ウィリ投手がその翌日にプロ初勝利。KIAの左腕エースのバトンタッチとなりそうな両日となりました。

メジャーデビューを果たしたヤン・ヒョンジョン
メジャーデビューを果たしたヤン・ヒョンジョン写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦の9回表、二塁走者で捕手のチャン・スンヒョン選手の代走で出場。9回裏の守りで退きました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月28日(水)の結果

・LG 0 - 3 ロッテ(チャムシル)

 勝:ストレイリー

 敗:ケリー

・キウム 5 - 4 トゥサン(コチョク)

 勝:チョ サンウ

 敗:キム ミンギュ

・SSG 4 - 2 KT(インチョン)

 勝:ソ ジンヨン

 敗:ユ ウォンサン

・サムスン 4 - 3 NC(テグ)

 勝:ウ ギュミン

 敗:キム ジンソン

・KIA 4 - 0 ハンファ(クァンジュ)

 勝:イ ウィリ

 敗:チャン シファン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。