故障の代表守護神が帰還し今季初セーブ チームの連敗を止める<韓国KBOリーグ>

今季初セーブを挙げたチョ・サンウ(写真:キウムヒーローズ)

25日の韓国KBOリーグは、全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われた最下位(10位)のキウムヒーローズと5.5ゲーム差で1位のSSGランダーズの対戦。キウムは2-3で迎えた8回裏に2点を挙げて逆転に成功。4-3としました。

キウムは9回表、5番手のマウンドにクローザーのチョ・サンウ投手が登場。左足首じん帯損傷によりチーム合流が遅れていたチョ・サンウ投手は、今季4試合目の登板で打者3人をセカンドゴロ、ライトフライ、レフトフライに抑えてゲームを締めました。

チョ・サンウ投手は前日負け投手となりましたが、この日は抑えて今季初セーブ。チームの連敗を止めています。SSGの連勝は3でストップです。

この日の最速は150キロだったチョ・サンウ投手。球威が戻りつつある守護神の復帰でキウムは開幕からの出遅れを取り戻します。

◆「オ・スンファンKBOリーグ通算300セーブ達成」

韓国を代表するクローザーで日本、メジャーでもプレーしたオ・スンファン投手(サムスン)が、KBOリーグ通算300セーブを達成しました。

(関連記事:元阪神・呉昇桓がKBOリーグ通算300セーブ達成 古巣の和田元監督、福原コーチも祝福

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

NCダイノス戦の7回表、キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。8回裏、無死一塁で打順が回り、結果はレフトフライでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。26日は試合がありません。

◇4月25日(日)の結果

・トゥサン 0 - 10 NC(チャムシル)

 勝:パーソンズ

 敗:イ ヨンハ

・キウム 4 - 3 SSG(コチョク)

 勝:オ ジュウォン

 敗:キム テフン

・KT 6 - 5 ロッテ(スウォン)

 勝:キム ジェユン

 敗:キム ウォンジュン

・ハンファ 0 - 8 LG(テジョン)

 勝:イ ミンホ

 敗:キンガム

・KIA 2 - 3 サムスン(クァンジュ)

 勝:ウ ギュミン

 敗:チャン ヒョンシク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。