正捕手が顔面死球の他、主力が離脱のトゥサン 控え選手が投手を盛り立て勝利<韓国KBOリーグ>

今季初勝利のチェ・ウォンジュン(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

17日の韓国KBOリーグは1試合が14時、4試合が17時開始で行われました。

チャムシル球場のLGツインズ-トゥサンベアーズは、前夜の試合の8回表、トゥサンの正捕手パク・セヒョク選手が、右目の下に死球を受けて途中交代。この日はチャン・スンヒョン選手が先発マスクをかぶりました。パク・セヒョク選手は右目の眼窩底骨折で手術の予定です。

トゥサンはセンターのチョン・スビン選手も右内腹斜筋の損傷で先発を外れ、代わってチョン・スヘン選手が2番で出場。またショートのキム・ジェホ選手は夫人の出産に立ち会うため登録抹消中で、高卒ドラ1新人のアン・ジェソク選手が9番ショートに入りました。

トゥサンの先発チェ・ウォンジュン投手は、同じ1994年生まれのチャン・スンヒョン選手との今季2度目のバッテリーで、LG打線を6回3安打1失点に抑えました。

後をつないだ3投手も、代役野手たちの好守にも助けられて0点に抑え、トゥサンが3-1で勝利。昨季10勝のチェ・ウォンジュン投手は今季初勝利です。

◆「チェ・ヒョンウ2000安打目前」

KIAタイガースの4番チェ・ヒョンウ選手がSSGランダーズ戦で1安打を記録し、通算2000安打まであと3本としています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

コヤンヒーローズ(キウム2軍)との2軍戦には出場しませんでした。再登録が可能になる18日、チョン・スビン選手に代わって1軍昇格の見込みです。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月17日(土)の結果

・LG 1 - 3 トゥサン(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:スアレス

・SSG 4 - 3 KIA(インチョン)

 勝:イ テヤン

 敗:チョン ヘヨン

・KT 8 - 5 キウム(スウォン)

 勝:チョン ユス

 敗:キム ジェウン

・ロッテ 0 - 12 サムスン(プサン)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:フランコ

・NC 14 - 4 ハンファ(チャンウォン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:キム ボムス

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。