韓国の25歳遊撃手がメジャー入りしダルビッシュの同僚に キム・ハソンがポスティングでパドレスへ

キム・ハソン(写真:ストライク・ゾーン)

サンディエゴ・パドレスは日本時間の1月1日、ポスティングシステムを利用してメジャーリーグへの移籍を希望していた、キウムヒーローズのキム・ハソン(金ハソン※、25)内野手と4年契約を結んだと発表した。

※キム・ハソンはKBOリーグと所属チームに自身の名前を漢字表記登録していません(名前表記はハングルのみ)

21歳での代表入りで見せた楽観的思考

2014年にヤタプ(野塔)高校からネクセン(現キウム)入りしたキム・ハソンは、プロ2年目の15年、チームの正ショートだったカン・ジョンホ(姜正浩)がパイレーツにポスティング移籍したのをきっかけにレギュラーの座を手にした。

キム・ハソンは同年、主に8番打者として140試合に出場し打率2割9分、19本塁打、73打点を記録。走っては22盗塁をマークし、「長打が打てて走れる遊撃手」として脚光を浴びた。

16年には144試合にフル出場しホームランを20本台に乗せ、盗塁数も28に伸ばすと、翌17年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で初めて韓国代表入りした。

WBCで韓国は予選1次リーグで初戦のイスラエル戦に続き、メジャー屈指の遊撃手アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス)を擁するオランダにも敗戦。2次ラウンド進出が厳しくなった。その翌日、キム・ハソンに初めての代表チームについて尋ねると物怖じすることなくこう答えた。

「代表選手であることに責任感はあるけど、負担は感じない。オランダの選手たちを見ていたら、グラウンド上でちょっとふざけた姿を見せたりして楽しんでプレーしていた。WBCは野球のお祭りなんだから、僕らももっと楽しんでいいと思う」

以前の韓国代表選手のような敗戦後の悲壮感はなく、楽観的な思考を見せていた当時21歳のキム・ハソン。キム・ハソンはその年のシーズン、チームの4番打者として初の打率3割、100打点超えを果たした。そして韓国球界をけん引する存在へと成長していく。

大舞台でも発揮した長打力

プロ5年目の18年からはサードのポジションも兼ね、米球界から古巣復帰した主砲パク・ピョンホ(朴炳鎬)の前後となる3、5番に座った。

そして直近の2シーズンは主に2番打者として2年連続打率3割、100打点を残し、昨季はホームランを30本の大台に乗せた。

代表選手としてはWBCが行われた17年の秋、24歳以下を中心とした大会、アジアプロ野球チャンピオンシップに出場。4番に座り日本戦では薮田和樹(広島)から一発を放つなど活躍を見せた。

アジアプロ野球チャンピオンシップで韓国代表の4番に座ったキム・ハソン(写真:ストライク・ゾーン)
アジアプロ野球チャンピオンシップで韓国代表の4番に座ったキム・ハソン(写真:ストライク・ゾーン)

また19年のプレミア12決勝戦では日本の先発・山口俊(現ブルージェイズ)から、初回に先制2ランを放っている。キム・ハソンはその年のオフ、ポスティング制度を利用しての21年からのメジャーでのプレーを希望し、球団もそれを容認した。

キム・ハソンはメジャー行きを見据え、昨年2月の台湾での春季キャンプでは韓国とアメリカのバッターのスイングの違いをアメリカ人選手に質問。メジャー経験があるチームの先輩パク・ピョンホと意見交換を繰り返していた。

キム・ハソンの質問に答えるテイラー・モッター(写真:ストライク・ゾーン)
キム・ハソンの質問に答えるテイラー・モッター(写真:ストライク・ゾーン)

(関連記事:プレミア12決勝で山口俊から先制弾の韓国の若武者が、元メジャーの新助っ人に尋ねたこととは?

KBO出身野手で6人目のメジャーリーガーに

キム・ハソンについてWBCで守備パートを担当していたキム・グァンスコーチ(元ハンファコーチ)はこう話していた。

「キム・ハソンは若いけど委縮しない性格だ。対戦したオランダのショート、シモンズの長所である、柔軟なハンドリングと打球の感度に合わせた強弱のテクニック、次のプレーを察する能力を見て、何かを感じ取って欲しい」

メジャー移籍したカン・ジョンホの後釜として高卒2年目でレギュラーとなり、21歳の代表入りでシモンズらのメジャーリーガーに刺激を受けた。

そしてアメリカ帰りの兄貴分パク・ピョンホによってメジャーリーグを身近に感じていったキム・ハソン。KBOリーグ出身の野手ではカン・ジョンホ、キム・ヒョンス(金賢洙)、パク・ピョンホ、イ・デホ(李大浩)、ファン・ジェギュン(黄載均)に次いで6人目。最も若い渡米となる。

・キム・ハソンが入団したパドレスには12月28日にダルビッシュ有がシカゴ・カブスから移籍。先輩たちが国際舞台で相対した右腕とチームメイトとしてシーズンに挑む。

2020年 韓国プロ野球個人成績(ストライク・ゾーン)