【プレーオフ】頼れる4番が適時打2本で3打点 トゥサン連勝でシリーズ進出へ王手<韓国KBOリーグ>

適時打2本の4番キム・ジェファン(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

10日の韓国KBOリーグはKTウィズ(公式戦2位)とトゥサンベアーズ(準プレーオフ勝者)のプレーオフ第2戦が行われ、トゥサンが連勝。韓国シリーズ進出に王手をかけました。

試合は両チームとも序盤から得点圏に走者を置き、トゥサンは2回表に6番パク・セヒョク選手のライト前ヒットで先制すると、3回には4番キム・ジェファン選手のタイムリーヒットで追加点を挙げました。

キム・ジェファン選手は5回にも2点適時打を放って、この日3安打3打点の活躍を見せています。

一方のKTはホームが遠く、挙げた得点は3回裏に3番メル・ロハス選手が放った、ソロホームランの1点のみ。5回以降はトゥサンの3人のリリーフ陣に無安打に抑えられ、試合は4-1でトゥサンが勝利しました。

プレーオフは公式戦上位チームへのアドバンテージはなく、先に3勝した方が韓国シリーズに進出。対戦成績を2勝0敗としたトゥサンは、あと1勝で最終決戦に駒を進めます。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「ハンファ放出のイ・ヨンギュがキウムへ」

先日、ハンファから放出となった韓国を代表する外野手、イ・ヨンギュ選手の獲得をキウムヒーローズが発表しました。年俸は1億ウォン(約950万円)です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

プレーオフ第2戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月10日(火)の結果

・KT 1- 4 トゥサン(コチョク)

 プレーオフ 第2戦

 勝:パク チグク

 敗:デスパイネ

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。