コロナ禍で遅れて開幕も全144試合無事に終了/ロマック(元DeNA)SK残留決定<韓国KBOリーグ>

初のポストシーズン進出を決めたKT(写真:kt wiz 10/25のセレモニー)

31日の韓国KBOリーグは、今季の公式戦最終戦となるKIAタイガース-NCダイノスの1試合が行われました。

試合はKIAが9回裏、6番チェ・ジョンヨン選手の内野安打でサヨナラ勝ちしています。

今季のKBOリーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、予定より38日遅れて開幕。東京オリンピック開催期間に設けていた中断をなくし、公式戦を10月末まで伸ばすことで通常通り全144試合を行いました。

例年とは様相が異なるシーズンを制したのはNCダイノス。リーグ参入8年目での初制覇です。

(関連記事:オンラインゲーム会社の新生球団 リーグ参入8年目で初の公式戦制覇

2~5位の4チームの順位が最終戦に決まるという稀に見る混戦となり、2位に入ったのは2015年に1軍に加わった10球団目のKTウィズでした。KTウィズは初のポストシーズン進出です。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

今年のチャンピオンチームを決めるポストシーズンは、あす11月1日から公式戦4位のLGツインズと5位キウムヒーローズによる、ワイルドカード決定戦で幕を開けます。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「ロマック(元DeNA)来季もSKでプレー」

今季9位に低迷したSKワイバーンズは、早々と来季に向けて動き出しました。ジェイミー・ロマック選手(元DeNA)の再契約と、2人の新外国人選手の獲得を発表しています。

今季のロマック選手は夏場以降に本領を発揮。32本塁打、91打点はいずれもSKの主砲チェ・ジョン選手に次ぐチーム2位。チームトップの137安打を放ち、

チーム打率が2割5分とリーグ9位のチームで、打率2割8分2厘はチーム1位でした。2017年途中にSK入りしたロマック選手は来季が5年目となります。

契約内容は年俸90万ドル、オプション25万ドルの総額115万ドル(約1億2千万円)と発表されています。

またSKは今季途中、体調不良により戦列を離れたヨム・ギョンヨプ監督が辞任。代行監督を務めたパク・キョンワンヘッドコーチも、退団を発表しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

公式戦を3位で終えたトゥサンベアーズは11月4日から行われる準プレーオフで、ワイルドカード決定戦の勝者と対戦します。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が1試合の結果です。

◇10月31日(土)の結果

・KIA 4- 3 NC(クァンジュ)

 勝:チョン ヘヨン

 敗:パク チンウ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。