残り2試合で2~5位の4チームが1.5ゲーム差 2、3位が延長負けで混戦続く<韓国KBOリーグ>

KT戦でサヨナラ打のプレストン・タッカー(写真:KIAタイガース)

28日の韓国KBOリーグは3試合がナイトゲームで行われました。

2~5位の4チームが2位争いを行う中、この日は2位LGツインズと3位KTウィズの試合が、それぞれチャムシルとクァンジュで行われました。

ハンファイーグルスと対戦したLGは延長11回6-7で敗戦。KIAタイガースと顔を合わせたKTは延長10回裏、KIAの3番プレストン・タッカー選手のサヨナラ打により3-4で敗れました。両チームはゲーム差なしのまま変わりません。

これにより両チームを追う4位キウムヒーローズは2、3位に0.5ゲーム差と肉薄し、5位のトゥサンベアーズも1ゲーム差で、4チームの差は1.5ゲームとなりました。

残り試合はKTとトゥサンが2試合、LGとキウムが1試合です。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「球団バスの運転手さんが始球式」

LGは今季のホーム最終戦で、選手が乗車する球団バスを担当するカン・ヨンフン運転手が始球式を行いました。

カン・ヨンフンさんは1989年(当時MBC)からハンドルを握ってきましたが、今季限りで退職することからこの日、マウンドに立ちました。

KBOリーグの遠征は基本バス移動。カン・ヨンフンさんはLGの球団バス1号車を担当していました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日は試合がありませんでした。次の試合は29日のKIAタイガース戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇10月28日(水)の結果

・LG 6- 7 ハンファ(チャムシル)

 勝:キム ジンヨン

 敗:コ ウソク

・KIA 4- 3 KT(クァンジュ)

 勝:キム ヒョンジュン

 敗:チョン ユス

・ロッテ 1- 7 NC(プサン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:チェ ヨンファン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。