獅子のスターが黄金の後ろ髪なびかせ満塁弾 長髪クローザーから劇的なサヨナラアーチ<韓国KBOリーグ>

サヨナラ満塁アーチを放ったキム・サンス(写真:サムスンライオンズ)

9日の韓国は「ハングルの日」で休日。10月の休日ゲームは通常14時開始ですが、前日がナイトゲームで遠征移動が伴ったことから、この日のKBOリーグは17時開始で行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-ロッテジャイアンツは、ロッテが序盤にリードするもサムスンが追いつき、3-3で迎えた9回裏、サムスンは1死満塁のチャンスを作りました。

この場面でこの日途中出場のチームの主力キム・サンス選手が、ロッテの抑えキム・ウォンジュン投手からレフトに5号満塁ホームラン。サムスンが7-3でサヨナラ勝ちを収めました。

プロ入り以来、サムスンのスター内野手として活躍し、代表チームでも役割を果たしているキム・サンス選手はプロ12年目。長距離砲ではないキム・サンス選手のこの日の一発は、通算50本目で初めての満塁ホームランでした。

被弾したキム・ウォンジュン投手は3敗目(4勝22セーブ)。サムスンの6番手で登板のオ・スンファン投手が3勝目(2敗14セーブ)を挙げています。

キム・ウォンジュン(写真:ロッテジャイアンツ 9月撮影)
キム・ウォンジュン(写真:ロッテジャイアンツ 9月撮影)

◆「キウムの監督辞任問題に批判の声」

8日に発表されたキウムのソン・ヒョク監督の辞意表明について、球団フロント首脳による圧力があったという見方が強まり、球界全体から批判の声が上がっています。

(関連記事:上位を争う監督が残り12試合で突然の辞任 プロ経験のないスコアラーが監督代行に

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KTウィズ戦の9回表、二塁打で出塁の4番キム・ジェファン選手の代走で出場。9回裏からレフトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月9日(金)の結果

・LG 4- 0 NC(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:チェ ソンヨン

・KT 0- 4 トゥサン(スウォン)

 勝:フレクセン

 敗:ソ ヒョンジュン

・ハンファ 7- 6 キウム(テジョン)

 勝:ユン デギョン

 敗:キム サンス

・サムスン 7- 3 ロッテ(テグ)

 勝:オ スンファン

 敗:キム ウォンジュン

・KIA 5- 3 SK(クァンジュ)

 勝:イム ギヨン

 敗:パク チョンフン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。