KT、延長11回サヨナラ勝ちで3連勝 3位浮上で首位と4ゲーム差<韓国KBOリーグ>

サヨナラ弾を放ったペ・ジョンデ(写真:kt wiz/初報から差し替え)

18日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-トゥサンベアーズは4-4で迎えた延長11回裏、KTは1死ランナーなしの場面で1番ペ・ジョンデ選手がレフトに13号ソロホームラン。KTは5-4としてサヨナラ勝ちを収めました。

この日のペ・ジョンデ選手は4回表の守備で、トゥサンの4番キム・ジェファン選手の左中間への大飛球を、フェンス際でジャンプ一番、スーパーキャッチ。そしてバットではゲームを決める一打を放ちました。

KTは3連勝で、この日敗れたLGツインズと同率の3位に。首位NCダイノスから3位LG、KTまでの4チームが4ゲーム差の中にひしめく混戦となっています。

◆「SK途中加入の外国人打者、死球で長期離脱に」

17日のNC戦で左手に死球を受けたSKワイバーンズのタイラー・ホワイト選手が、全治8週間の骨折との診断を受けました。

途中入団のホワイト選手は8月23日にKBOリーグ初出場。しかし2試合目で右手への死球で登録抹消となり、今月10日に復帰しましたが、今度は長期の離脱となります。

ホワイト選手は9試合に出場、打率1割3分6厘、1本塁打、4打点という成績です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8月20日以来、約1ヶ月ぶりに2軍戦に出場。LGツインズ戦に1番センターで出場し、二塁打1本を含む4打数3安打でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月18日(金)の結果

・LG 3- 5 ロッテ(チャムシル)

 勝:コ ヒョジュン

 敗:チョン ウヨン

・キウム 0- 2 ハンファ(コチョク)

 勝:ユン デギョン

 敗:ヨキッシュ

・SK 5- 9 NC(インチョン)

 勝:キム ジンソン

 敗:イ ゴンウク

・KT 5- 4 トゥサン(スウォン)

 勝:チョン ユス

 敗:パク チグク

・サムスン 5- 13 KIA(テグ)

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:チェ ジグァン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。