抜群の安定感 KIAブルックスが7回1失点、無四球10三振で9勝目<韓国KBOリーグ>

9勝目を挙げたアーロン・ブルックス(写真:KIAタイガース)

6日の韓国KBOリーグは5試合が14時開始で行われました。なおサムスンライオンズ-NCダイノス(テグ)のダブルヘッダー第2試合は雨で中止になっています。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-KIAタイガースは8-4でKIAが勝利。KIAの先発アーロン・ブルックス投手が好投し、9勝目(4敗)を挙げました。

ブルックス投手はストライクゾーンからボールになる縦のスライダーでハンファ打線を料理。7回を投げて奪った10三振のうち、8つが空振り三振でした。

許したヒットは散発の4本。6回に9番イ・ヘチャン選手に喫した、ソロホームランの1点に抑えました。

抜群の安定感を見せるブルックス投手はこの日も無四球。3試合続けてフォアボールを与えず、23イニング無四球が続いています。

◆「SK監督、再び欠場」

6月25日の試合中に卒倒し、その後休養。9月1日に復帰したSKワイバーンズのヨム・ギョンヨプ監督は6日午前、体調が悪化し検診を受けるため病院に向かい、試合を欠場しました。この日の試合は再びパク・キョンワンヘッドコーチが監督代行を務めました。SKはトゥサンベアーズに敗れて9連敗です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

6日、SKワイバーンズとの2軍戦は感染症防疫のため、中止となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が5試合の結果です。

◇9月6日(日)の結果

・トゥサン 10- 0 SK(チャムシル)

 勝:ハム ドクチュ

 敗:オ ウォンソク

・キウム 7- 8 KT(コチョク)

 勝:イ ボグン

 敗:チョ ソンウン

・ハンファ 4- 8 KIA(テジョン)

 勝:ブルックス

 敗:カン ジェミン

・サムスン 5- 3 NC(テグ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:ライブリー

 敗:シン ミンヒョク

・サムスン 中 止 NC(テグ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:

 敗:

・ロッテ 1- 7 LG(プサン)

 勝:イム チャンギュ

 敗:サンプソン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。