以前から韓国KBOリーグのある球審の姿が気になっていた。打者が見逃し三振をした際、体を左側にひねり、右の拳を下から突き上げてコールしていたからだ。それは日本の野球ファンならお馴染みのNPB敷田直人球審(48)が見せる、いわゆる「卍(まんじ)ポーズ」を思わせた。

韓国の「卍の使い手」は審判歴11年のイ・ヨンヒョク審判員(39)。イ氏になぜそのような動きをするのか尋ねた。

「5年前から1軍の試合を担当するようになったのですが、三振の時にどうコールするか常に悩んでいました。メジャーリーグや日本の球審の映像をたくさん見た中で一番印象的だったのが、日本の方(敷田球審)がやっていたあのポーズでした。いろいろな動きを試してみましたが、あれが私の三振コールのタイミングとバッチリ合うんです」

イ氏は敷田球審の名前とそのポーズが「卍」と呼ばれていることは知らなかったが、独特の見逃し三振コールに魅了され、自分のものにしようと決めた。3年前のことだった。

NPBの30代の審判員によると、独自のポーズはある程度のキャリアを積むと先輩から使用が許されるという。韓国も同じでイ氏が「卍」の習得に着手したのもそのタイミングだった。

KBOリーグの審判員は各球団の春、秋のキャンプに帯同し、NPB球団との練習試合でジャッジすることもある。イ氏は「日本に行くと、あのポーズの方をずっと探していますが、今まで生で見たことはありません」と敷田球審のことを追いかけていた。そして筆者にこう尋ねた。

「私のポーズはあの方に似ていますか?」

「似ています」と答えると、イ氏は「本当ですか」と声を弾ませるも心配を口にした。「キャリアのある方なので、私が真似しているということを知って、気分を害さなければいいのですが」。イ氏にとって敷田球審は憧れの存在だ。

卍の継承者は台湾にもいた。プロ選手から転身した黄俊傑審判員(53)だ。2018年のジャカルタ・アジア大会で球審を務めていた黄氏にポーズについて片言の英語で尋ねると、「敷田審判員のことは知っている」と答え、試合後に動きを再現してくれた。

「卍ポーズ」を再現する台湾の黄俊傑審判員(写真:ストライク・ゾーン)
「卍ポーズ」を再現する台湾の黄俊傑審判員(写真:ストライク・ゾーン)

韓国のイ氏に台湾にも「同志」がいることを伝えると、なんとイ氏は黄氏のこともチェック済みだった。

「アジア大会の映像を見ました。2年前なので、私がそのポーズを始めた後だったのを覚えています。台湾の方も日本の方を真似していたんですね」

そしてイ氏は会話の最後、興奮気味にこう言った。「これまで敷田球審の映像をたくさん見てきました。もしお会いすることがあったら、『カッコいいです』と伝えてください」

KBOリーグでは映像によるリプレー検証を6年前から採用するなど、判定の機械化をいち早く取り入れている。

今年8月4日からは2軍戦(フューチャーズリーグ)の一部で、「自動ストライク・ボール判定システム」、別名「ロボット審判」の試験運用を開始。これは投球のトラッキングデータ(追跡情報)が、打者ごとに設定されたストライクゾーンを通過したか否かでストライク、またはボールの判定を下し、球審はイヤホンの機械音声に従ってコールをする仕組みだ。

テレビ中継では画面にストライクゾーンが表示され、球審の判定が厳しくチェックされている。そんな中でイ氏は6月の試合で正確な判定をする審判員として注目された。

今後、判定のAI活用が急速に進むことが予想される韓国。一方で生身の球審はそれに負けない技術と「憧れ」を持ってコールをしていた。