6日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-NCダイノスは、両チームの先発投手が好投。ハンファが1-0でリードし、ゲームは終盤に突入しました。

7回表、NCはハンファの2番手キム・ジンウク投手から無死一、三塁のチャンスを作ると、7番ノ・ジンヒョク選手が内角低めのストレートを、ライトスタンドに運ぶ13号3ランホームラン。NCが3-1と逆転に成功します。

NCは8回にも3番ナ・ソンボム選手がレフトに19号ソロを放ち4-1として、NCが終盤の2発でハンファに勝利。NCは連敗を3で止めました。

首位のNCはチーム本塁打数でも、2位と13本差の104本でトップ。決勝弾を放ったノ・ジンヒョク選手は今季、持ち前のパンチ力がさらに磨かれ、この日の一発で自己最多だった昨季の13本塁打に現時点で並んでいます。

◆「次の3連戦も同じホームチームで5試合」

7日からの3連戦は、6日までの3連戦と同じホームチーム、同じ球場で行われます。ビジターチームの移動はクァンジュからソウルに行くLGツインズを除き、比較的短い距離の遠征です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8回表、1番パク・コンウ選手に代わって、ライトの守備に入りました。試合は5-2でサムスンライオンズに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月6日(木)の結果

・トゥサン 5- 2 サムスン(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:ライブリー

・キウム 3- 2 KT(コチョク)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:クエバス

・SK 2- 8 ロッテ(インチョン)

 勝:ストレイリー

 敗:キム ジュハン

・ハンファ 1- 4 NC(テジョン)

 勝:ルチンスキー

 敗:キム ジンウク

・KIA 13- 1 LG(クァンジュ)

 勝:ブルックス

 敗:イム チャンギュ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。