チェ・ジョン、スンヨプに次ぐ歴代単独2位の通算352号ホームラン<韓国KBOリーグ>

チェ・ジョン(写真:SKワイバーンズ)

29日の韓国KBOリーグは3試合が雨天中止。2試合が行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場のSKワイバーンズ-LGツインズは11-6でLGが勝利。LGは24点を挙げた28日に続き、2試合連続の2けた得点で3連勝です。

LGの3番打者チェ・ウンソン選手は前夜に満塁弾を含む8打点を叩き出し、この日も7号3ランを含む4打点。

チェ・ウンソン選手は6月20日から15試合続けて打点なく、7月16日からは右足首の負傷もあって戦列を離れていましたが、復帰直後の2試合で2本塁打12打点と大活躍を見せています。

◆「チェ・ジョン、ホームラン歴代2位に」

SKのチェ・ジョン選手が3回裏、左中間に17号ソロを放って通算本塁打数を352本とし、ヤン・ジュンヒョクさん(元サムスンなど)を抜いて、歴代単独2位になりました。

2005年にプロ入りし、現在33歳のチェ・ジョン選手は2年目から今季まで、15年連続2けたアーチを記録。16、17年と2年続けて40本台に乗せ、ホームランのタイトルを手にしました。

KBOリーグの歴代通算ホームラン1位は、イ・スンヨプさん(元サムスン)の467本です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦は1回裏、降雨ノーゲームでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が2試合の結果です。

◇7月29日(水)の結果

・トゥサン 中 止 キウム(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SK 6- 11 LG(インチョン)

 勝:チョン チャンホン

 敗:ペク スンゴン

・サムスン 7- 12 ハンファ(テグ)

 勝:キム ジンウク

 敗:キム デウ

・KIA 中 止 KT(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

 勝:

 敗:

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。