元ヤクルト・ブキャナン初完投勝利 9回112球1失点で6勝目<韓国KBOリーグ>

初完投で6勝目を挙げたブキャナン(写真:サムスンライオンズ/初報から差し替え)

7月1日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-SKワイバーンズはサムスンが7-1で勝利。サムスンの先発、デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)がKBOリーグでの初完投勝利を挙げました。

ブキャナン投手は9回112球、与えたヒットは4本、四球1。7つの三振を奪い、SK打線を1点に抑えました。

ブキャナン投手が喫した1点は2回表の先頭打者、4番チェ・ジョン選手への初球、甘く入ったカットボールをレフトスタンドに運ばれた一発でした。

その後ブキャナン投手は被弾したチェ・ジョン選手に対し、4回の2打席目、7回の3打席目とカーブでタイミングを外して、いずれも空振り三振。大きなピンチを迎えることなく9回まで投げ切りました。

ブキャナン投手はこの日が10試合目の登板で6勝目(3敗)。防御率は4.04です。サムスンは2連勝で貯金2の6位。敗れた9位のSKは4連敗です。

ヒーローインタビューのブキャナン(写真:サムスンライオンズ)
ヒーローインタビューのブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

◆「観客解禁日は未定も準備は着々」

5月5日の開幕以来、無観客試合が続いているKBOリーグ。国の行政機関からの観客を入れての試合開催許可がおりず、観客解禁日は決まっていません。

しかし韓国野球委員会(KBO)は観客を入れた際のマニュアルなどを作成し公開。入場時の検温、マスク着用義務や観客席での飲食不可(場内の指定場所のみ可)などが決まっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

7回裏、4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に。8回表の先頭打者として打席に入り、ファール2つの後の3球目を打ってセカンドゴロでした。試合はキウムヒーローズに大勝しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月1日(水)の結果

・LG 5- 11 KT(チャムシル)

 勝:ペ ジェソン

 敗:チャ ウチャン

・キウム 5- 14 トゥサン(コチョク)

 勝:イ ヨンハ

 敗:ハン ヒョンヒ

・サムスン 7- 1 SK(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:ムン スンウォン

・KIA 4- 3 ハンファ(クァンジュ)

 勝:チョン ヘヨン

 敗:キム ジンヨン

・NC 6- 2 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ク チャンモ

 敗:チャン ウォンサム

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。