ヤン・ヒョンジョンから10安打8得点 サムスンが連敗を3で止める<韓国KBOリーグ>

決勝打となる勝ち越し2ランを放ったチェ・ヨンジン(写真:サムスンライオンズ)

21日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-サムスンライオンズは、KIAがヤン・ヒョンジョン投手、サムスンがペク・チョンヒョン投手の両左腕が先発。

試合は12-5でサムスンが大勝。サムスンはペク・チョンヒョン投手が7回を投げ、初回先頭打者に喫したソロアーチの1点に抑えました。

一方、KIAのエース、ヤン・ヒョンジョン投手に対し、サムスン打線は0-1の3回表、3番のク・ジャウク選手がフルカウントからの7球目、肩口から入るスライダーをライトに運ぶ4号ソロで1-1の同点に。

続く2死一塁で6番チェ・ヨンジン選手がカウント0-2からの3球目、低めの直球をレフトに運ぶ1号2ランで勝ち越しに成功しました。この回サムスンは相手のエラーもあって4得点。5回にも4点を挙げて、ヤン・ヒョンジョン投手は5回途中でマウンドを降りました。

ヤン・ヒョンジョン投手は4回0/3を投げて被安打10、失点8(自責点7)。ヤン・ヒョンジョン投手のここまでの成績は5勝3敗です。

◆「トゥサンとLGが同率2位に」

LGツインズ-トゥサンベアーズ(チャムシル)はトゥサンが同一カード3連勝。18日から続く連勝を4に伸ばしました。

この結果でトゥサンとLGはともに25勝16敗で同率2位に。ソウルのチャムシル球場を本拠地とする両チームが同じ成績で並んでいます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SKワイバーンズとの2軍戦に1番センターで先発出場し5打数1安打。4-4で迎えた8回裏、1死三塁でレフト前ヒットを放ち5-4として、この一打が決勝点になっています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月21日(日)の結果

・LG 1- 3 トゥサン(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:イ ミンホ

・キウム 7- 2 SK(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ピント

・KT 3- 2 ロッテ(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:ノ ギョンウン

・KIA 5- 12 サムスン(クァンジュ)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:ヤン ヒョンジョン

・NC 9- 7 ハンファ(チャンウォン)

 勝:ウォン ジョンヒョン

 敗:シン ジョンラク

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。