ソン・アソプ3安打5打点でロッテ5連勝 敗れたハンファは16連敗<韓国KBOリーグ>

勝ち越しの2号3ランを放ったソン・アソプ(写真:ロッテジャイアンツ)

10日の韓国KBOリーグは全5試合のうち、LGツインズ-SKワイバーンズ(チャムシル)が雨で中止に。明日11日に15時開始のダブルヘッダーで行われることになりました。

残り4試合はナイトゲームで行われ、KTウィズ-KIAタイガースは今季初の5回降雨コールドゲームとなっています。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツ-ハンファイーグルスは、15連敗中のハンファが2回に1点を先制するも、その裏ロッテはすぐさま同点に追いつきました。

さらに2死一、二塁で1番ソン・アソプ選手が、ハンファの先発キム・ミンウ投手が投じたカウント2-2からのカーブを右中間スタンドへ。ソン・アソプ選手の2号3ランでロッテが勝ち越しに成功しました。

ロッテは続く2番チョン・ジュンウ選手も2号ソロを放ってこの回5点目。序盤で4点のリードを奪いました。

ロッテはその後も得点を重ねて12-2で勝利。5連勝を飾り、貯金を1としました。決勝アーチを放ったソン・アソプ選手は2試合連続の3安打。この日は5打点を記録しています。

一方の敗れたハンファは16連敗です。韓国の連敗記録は1985年にサムミスーパースターズが記録した18連敗が最多。次いで99年、サンバンウルレイダースの17連敗となっています。

(関連記事:ヤクルト16連敗はセ・リーグワーストタイ 韓国の最多連敗、16連敗超えは?

◆「オ・スンファン、15年ぶりのホールド」

9日に6年8ヶ月ぶりにKBOリーグのマウンドに立ったオ・スンファン投手(サムスン)が、10日のキウムヒーローズ戦、3-0でリードした8回表に3番手として登板。1回を投げて2安打1失点でした。

試合はサムスンが4-1で勝利し、オ・スンファン投手は新人だった2005年6月24日(対SK)以来となる、15年ぶりのホールドを記録しました。通算では12ホールド目です。オ・スンファン投手はあと1セーブで日米韓通算400セーブとなります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

トゥサンベアーズの2軍はKIAタイガースと対戦しましたが、アン・グォンス選手は出場しませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月10日(水)の結果

・LG 中 止 SK(チャムシル)

 勝:

 敗:

・KT 0- 10 KIA(スウォン)

 勝:ブルクス(ブルックス)

 敗:キム ミン

・サムスン 4- 1 キウム(テグ)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:ヨキッシュ

・ロッテ 12- 2 ハンファ(プサン)

 勝:ノ ギョンウン

 敗:キム ミンウ

・NC 1- 9 トゥサン(チャンウォン)

 勝:アルカンタラ

 敗:ルチンスキー

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。