選手会提案の「現役ドラフト」 韓国では8年前から実施。その成果は?

「現役ドラフト」をきっかけにエースになったイ・ジェハク(写真:NCダイノス)

日本プロ野球選手会(以下、選手会)が導入を要望している、出場機会に恵まれない選手の移籍を活発化させる制度「現役ドラフト」(仮称:ブレークスルードラフト)。韓国KBOリーグでは「2次ドラフト」という名称で2011年から実施されている。その内容と現況をまとめた。

韓国野球委員会(KBO)は2011年3月の実行委員会で、メジャーリーグの「ルール5ドラフト」を参考にした制度、2次ドラフトについて審議した。

韓国での制度導入の目的は、日本の選手会が提案している「出場機会の確保、飼い殺しの防止」だけではなく、戦力の均衡化が主体。翌12年に9球団目(当時)となるNCダイノスの新規参入に合わせて、導入が検討された。

当初、球団ごとに設定するプロテクト選手(獲得できない選手)の人数は50人で検討されたが、6月の理事会で45人、最終的に40人で決まった。

韓国の2次ドラフトは2年に1度の実施。11年11月に初めて行われて以後、今年11月20日の2次ドラフトが5度目となった。

これまでプロテクト選手40人という数は変わらず、若干の変更のみで続けられている。現在の制度ではその40人の他、FA権を所持する選手、外国人選手、プロ1、2年目の選手(育成、軍入隊中の選手を含む)も2次ドラフトでは指名出来ない。

実施方法は当該年度の順位が下のチームから順に指名。3巡目(3ラウンド)まで行う。指名した球団には指名順ごとに異なる補償金が発生し、1ラウンドは3億ウォン(約2,700万円)、2ラウンドが2億ウォン(約1,800万円)、3ラウンドが1億ウォン(約900万円)を元の球団に支払う必要がある。指名される側の球団の最大制限人員は4人だ。

過去5度の2次ドラフトで一番の成功例と言われているのが、初実施となった11年にNCが指名した投手のイ・ジェハクだ。

右のスリークォーター投手のイ・ジェハクは高卒3年目を迎える21歳の時にトゥサンからNCに移籍。それまでの成績は16試合1勝1敗、防御率5.01だったが、NCの1軍参入初年度の13年に先発として10勝をマーク。以後、16年まで4年連続2けた勝利を挙げ、チームのエース格として活躍を見せた。

しかしその後の2次ドラフトではイ・ジェハクのように埋もれていた逸材が発掘されたというケースは少なく、どちらかというとプロテクト漏れした古株の選手が移籍し、再び出場機会を得て活躍するということが目立つ。

15年オフの2次ドラフトでは「国民的右翼手」として名を馳せた、その年のLGのキャプテン、イ・ジンヨン(当時35歳)がプロテクト漏れし、KTが指名。新球団の主力選手として結果を残した。

(関連記事:楽天でコーチ研修中の韓国の元スター選手<1> 「岸と則本の姿勢に驚いた」

その他にも17年にロッテに指名されKIAから移籍した左腕投手のコ・ヒョジュン(当時34歳)は、新天地でリリーフ投手として再び機会をつかみ、36歳の今年はリーグトップの75試合に登板した。

同じくロッテではコ・ヒョジュンと同じ年にロッテに指名されたリリーフ右腕のオ・ヒョンテク(トゥサンから。当時32歳)も役割を得て、移籍した年に72試合に投げている。

先月20日に行われた今年の2次ドラフトでも長らく代表チームのセカンドを務めたチョン・グンウ(37)がハンファの保護リストから外れ、LGに指名されている。

(関連記事:イチローの引退戦中継を生で見た韓国代表の二塁手「一緒に試合を出来たことが幸運」)

その他にも投手のキム・セヒョン(32、KIAからSK)、左の中距離砲のチェ・テイン(37、ロッテからSK)らの主力級が2次ドラフトによってチームを移る。

今年の2次ドラフトでは優勝チームのトゥサンと準優勝チームのキウムが指名をパス。KT、KIA、サムスン、ロッテの4球団が1ラウンド、もしくは2ラウンドで指名を終え、プロテクト外選手には目ぼしい選手がいないことを露呈した。

韓国の場合、現役ドラフトが球団新規参入時の戦力調整には有効だった。しかし日本と比べると1軍クラスとそれ以下の実力差が大きく、選手層が薄いため、日本の選手会が目指すような、「出場機会に恵まれない中堅、若手選手に機会を与える」という姿にはなっていない現状がある。