イチローの引退戦中継を生で見た韓国代表の二塁手「一緒に試合を出来たことが幸運」

長らく代表チームの二塁手を務めたチョン・グンウ(写真:ストライク・ゾーン)

マリナーズ・イチロー外野手(45)の現役引退を受け、先週23日の本欄ではワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でイチローと戦ったイ・スンヨプ氏ら韓国の選手から聞いたコメントを紹介した。

(関連記事:イチロー引退にイ・スンヨプ(元巨人など)らWBCで対戦した韓国のスター選手が惜別コメント

その後、他の選手からも語られたイチローへの惜別メッセージを以下に掲載する。

2009年の第2回WBCでは二塁手を務め、現在は主に外野を守るハンファイーグルスのチョン・グンウ(36)は「イチロー選手の最後の試合をライブ中継で見た」と話し、イチローへの思いを語り始めた。

「イチロー選手が帽子を取った時に、短髪のヘアスタイルに白いものが交じっているのを見て、長い間選手生活を続けてきたのだと改めて感じた。東洋人なのにメジャーで10年続けてオールスター戦に出場したというのはものすごいことだ。努力をし続けた成果だと思う。イチロー選手の野球人生を尊敬する」

またチョン・グンウは10年前のWBCを振り返り、「選手として一緒に試合を出来たこと自体が幸運だった。そしてイチロー選手の打球をアウトに出来たことは一生の思い出だ」と話した。

第2回WBCで日本と韓国は5度対戦し、うちイチローが放ったセカンドゴロは4本。うち2本をチョン・グンウが処理した。

残る2つのセカンドゴロをさばいたのは、16年限りで引退し、現在はトゥサンベアーズで走塁コーチを務めるコ・ヨンミン(35)だ。コ・ヨンミンコーチはイチローについて「徹底した自己管理をしていた姿を素晴らしいと思った」と話し、イチローがもたらした影響について言及した。

「イチロー選手がメジャーリーグで活躍したことで、メジャーのスカウトが日本人選手をチェックするきっかけになったのではないか。もしイチロー選手がもっと早く引退していたら、日本人がアメリカでプレーする確率は減っていたかもしれない」

また第2回WBCで大会トップの3本塁打11打点を記録し、その実績を引っ下げて翌10年に千葉ロッテ入りしたキム・テギュン(ハンファ、36)もイチローについてコメントした。

「イチロー選手が残した成果は後輩として尊敬し、見習うことが多い。第2の人生で何をされるのかわからないが、野球界の発展に努めてくれることを願いたい」

この他にサムスンライオンズのク・ジャウク外野手(26)らイチローとは接点のない若い選手からも「かっこよかった。憧れだった」という声が聞かれた。

筆者が日本から持参した「イチロー引退」のスポーツ紙に目を通すサムスンのチョン・ヒョンウクコーチ。同コーチは現役当時、WBCで投手としてイチローと対戦した(写真:ストライク・ゾーン)
筆者が日本から持参した「イチロー引退」のスポーツ紙に目を通すサムスンのチョン・ヒョンウクコーチ。同コーチは現役当時、WBCで投手としてイチローと対戦した(写真:ストライク・ゾーン)