【プレミア12】韓国、決勝戦で日本に逆転負け 大会連覇ならず

決勝戦後の稲葉篤紀監督とキム・ギョンムン監督(写真:スポーツ朝鮮)

プレミア12の決勝戦、日本と韓国の対戦は5-3で日本が勝利し、大会初優勝を果たした。前回王者の韓国は連覇ならず、準優勝で今大会を終えた。

韓国はヤン・ヒョンジョン(KIA)、日本が山口俊(巨人)の先発で始まった試合は、初回からゲームが動いた。

1回表、韓国は四球の走者を置いて2番キム・ハソン(キウム)がレフトに2ランホームラン。2点を先制した。さらに2死後、5番キム・ヒョンス(LG)にも右中間にソロアーチが飛び出し、韓国は3点を挙げる幸先のいい出だしとなった。

しかし日本もその裏、4番鈴木誠也(広島)が2死一塁でタイムリー二塁打を放って2点差に迫ると、2回には2死後、2人のランナーを置いて、1番の山田哲人(ヤクルト)がレフトへ逆転の3ランホームラン。4-3とゲームをひっくり返した。

韓国投手陣は4回以降、ヤン・ヒョンジョンの後をつないだ、イ・ヨンハ(トゥサン)、チョ・サンウ(キウム)、ハ・ジェフン(SK)が好投し、日本打線を7回の1点に抑えた。

しかし韓国打線はそれにこたえることができず、3、4、5回と先頭打者が出塁するも、走塁ミスもあり走者を先の塁に進められない苦しい攻めが続き、追いつくことができなかった。

試合後、キム・ギョンムン監督は「選手たちは大変苦労した。監督がもっとうまくやれればいい結果だったのに残念だ。来年の8月(東京オリンピック)に向けて準備したい」と話した。

また2番手以降の継投として待機していたキム・グァンヒョン(SK)を投入しなかったことについて、「無理はさせなかった」と中4日での起用を避けたとし、記者陣の「お疲れさまでした」の声に「申し訳ありませんでした」と言って球場を後にした。

今大会で東京オリンピック(五輪)への出場権を獲得した韓国は来年8月、3大会ぶりに野球競技が復活する五輪で、北京大会以来、2大会連続の金メダル獲得を目指す。

◇11月17日(日)の結果

・プレミア12 3位決定戦

 メキシコ 3- 2 アメリカ(東京ドーム)

 勝:カルロス・ブスタマンテ

 敗:ブランドン・ディクソン

 

・プレミア12 決勝戦

 日本 5- 3 韓国(東京ドーム)

 勝:高橋 礼

 敗:ヤン ヒョンジョン

(関連項目)プレミア12 日程と結果 韓国代表選手一覧