【プレミア12】韓国、点の取り合いの末、日本に敗戦 17日に決勝戦で再度激突

両チーム26安打の打ち合いを日本が制した(写真:ストライク・ゾーン)

プレミア12のスーパーラウンド最終日、3勝1敗同士の顔合わせとなった日本と韓国の対戦は10-8で日本が勝利。順位を日本が1位、韓国が2位として17日の決勝戦で再度戦う。

両チームとも決勝進出を決めた状態で臨んだこの試合。韓国野手陣はこれまで先発出場してきた選手をオーダーから外し、ベンチスタートだった選手を中心にラインアップを組んだ。

また先発マウンドには8日のキューバ戦で1回を投げた、左腕のイ・スンホ(キウム)が上がり、3回途中まで被安打8、失点6。2番手以降にはこれまで出場機会が少なかった、イ・ヨンチャン、ハム・ドクチュ(ともにトゥサン)、コ・ウソク(LG)、ムン・ギョンチャン(KIA)が登板した。

試合は序盤から大味な展開。1-1で迎えた3回裏、日本は5連打を含む攻撃で6点を挙げると、韓国も4番パク・ピョンホ(キウム)、6番カン・ベクホ(KT)のタイムリー、8番パク・セヒョク(トゥサン)、9番キム・サンス(サムスン)の連続タイムリー二塁打で日本の先発岸孝之(楽天)から5点を挙げ追い上げるシーンもあった。

カン・ベクホが2安打3打点、ファン・ジェギュン(KT)が同点弾となる弾丸ライナーのソロアーチを含む2安打1打点。またショートとセカンドを守ったキム・サンスは攻守で活躍を見せるなど、これまで控えだった選手たちが起用に応えてその存在をアピールした。

試合を終えてキャプテンのキム・ヒョンス(LG)は「両チームともベストメンバーではなかったが、日本のいい投手、いい打者を見られた。(自軍では)これまで出番が少なかった選手たちのいい姿が見られてよかった。明日はさらに集中して試合に臨みたい」と話した。

韓国は17日19時から行われる日本との決勝戦で2大会連続の優勝を目指す。先発投手は韓国がヤン・ヒョンジョン(KIA)、日本は山口俊(巨人)が予定されている。

◇11月16日(土)の結果

・プレミア12 スーパーラウンド

 台湾 5- 1 オーストラリア(東京ドーム)

 勝:チェン・ユーシュン

 敗:ジョッシュ・トルズ

 

 日本 10- 8 韓国(東京ドーム)

 勝:大野 雄大

 敗:イ スンホ

(関連項目)プレミア12 日程と結果 韓国代表選手一覧