【韓国シリーズ第2戦】トゥサンが終盤に追い上げて2試合連続サヨナラ勝ち<韓国KBOリーグ>

サヨナラ打を放ったパク・コンウ(写真:トゥサンベアーズ)

23日の韓国KBOリーグ・韓国シリーズ第2戦、トゥサンベアーズ対キウムヒーローズはトゥサンが6-5で2試合連続のサヨナラ勝ち。対戦成績を2勝としました。

初戦に敗れたキウムは2番キム・ハソン選手と5番ジェリー・サンズ選手の打順を入れ替え。6番にソン・ソンムン選手を入れて第2戦に臨むと、このオーダーが実を結びます。1、2回に1点ずつ挙げたキウムは序盤に2点をリードしました。

追うトゥサンは4回裏、2死一塁で前夜にサヨナラ打を放った5番オ・ジェイル選手が、ライトへ2ランホームラン。2-2の同点とします。

追いつかれたキウムは6回表、2番サンズ選手が内野安打で出塁すると、1死後、4番パク・ピョンホ選手の左中間への二塁打で3-2と勝ち越しに成功。

さらに5番キム・ハソン選手が四球で出塁後、6番ソン・ソンムン選手、7番イ・ジヨン選手の連続タイムリーで5-2とリードを広げました。

トゥサンの先発イ・ヨンハ投手は3、4、5回とキウム打線を三者凡退に抑えましたが、先頭打者を出した1、2、6回に失点し、6回途中5失点でマウンドを降りました。

一方のキウムの先発、左腕のイ・スンホ選手は4回の2失点を除き、安定した投球を見せ、こちらも6回途中でリリーフ陣にマウンドを譲りました。

トゥサンは8回裏、相手のエラーで1点を挙げ2点差に迫り、3-5で9回裏の攻撃を迎えます。

トゥサンはキウムの6番手オ・ジュウォン投手に対し、6番のホ・ギョンミン選手がセンター前ヒットで出塁すると、8回の守備から入った7番オ・ジェウォン選手が左中間へ二塁打。無死二、三塁とします。

この場面で8番キム・ジェホ選手は代わったキウムの7番手ハン・ヒョンヒ投手からセンター前ヒットを放ち4-5として1点差に。さらに無死一、三塁で代打のキム・インテ選手がレフトに犠牲フライを放って5-5の同点としました。

押せ押せのトゥサンは1番パク・コンウ選手の打席で一塁走者が暴投で二塁に進むと、パク・コンウ選手はバットを折りながらセンター前にタイムリーヒット。二塁走者が還って、この回3点を挙げたトゥサンがサヨナラ勝ちを収めました。

トゥサンの2勝0敗で迎える韓国シリーズ第3戦は、移動日を挟んで25日にキウムの本拠地、コチョクスカイドームで行われます。

◆「韓国シリーズの開幕は土曜日じゃない?」

日本シリーズは毎年、土曜日に第1戦を行い、2戦が翌日曜日と必ず週末に試合が組まれています。しかし韓国は開催曜日の定めはありません。

今年の場合、26日(土)に第4戦、翌27日(日)に第5戦と週末に試合が行われますが、土日のどちらかが移動日になるケースがこれまで度々ありました。

集客や野球ファン以外への波及を考えると、土日に必ず試合を行う方が良いとは思いますが、曜日を優先して約1か月間に及ぶポストシーズン(ワイルドカード決定戦、準プレーオフ、プレーオフ、韓国シリーズ)を編成するのは難しいようです。

◇10月23日(水)の結果

・韓国シリーズ第2戦

 トゥサン 6- 5 キウム(チャムシル)

 勝:キム スンフェ

 敗:ハン ヒョンヒ

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。