【準プレーオフ第3戦】ペゲーロ(元楽天)貴重な一発 LGが接戦を制して1勝2敗に<韓国KBOリーグ>

8回裏ソロ弾のカルロス・ペゲーロをベンチで迎えるLGナイン(写真:LGツインズ)

9日の韓国KBOリーグ・準プレーオフの第3戦、LGツインズ対キウムヒーローズは、キウムがプレーオフ進出に王手をかけたゲームでしたが、LGが一矢を報い対戦成績を1勝2敗としました。

1、2戦のコチョクスカイドームから移動日を挟み、LGの本拠地・チャムシル球場に場所を移した第3戦は、ハングルの日の休日ということで14時開始のデーゲームで開催。

試合は2試合連続サヨナラ勝ちのキウムが先制。1回に4番パク・ピョンホ選手、2回は1番ソ・ゴンチャン選手がそれぞれタイムリーを放って2-0としました。

2点を追うLGは2回裏、2つの四球で2死一、二塁のチャンスを作ると、8番チョン・ジュヒョン選手がセンターへタイムリーヒット。1点を返します。

さらにLGは4回に5番チェ・ウンソン選手が左中間へソロホームランを放ち、2-2として同点に成功しました。

キウムの先発、左腕のイ・スンホ投手は5回途中まで、LGの先発ケイシー・ケリー投手は6回を投げ、いずれも2失点でマウンドを降り、両チームとも2番手以降に試合の行方を託します。

7回表、キウムは先頭打者がヒットで出塁するも、送りバントを失敗し、走者を進められず後続も倒れてこの回を終了。

一方のLGはその裏、この回先頭のチョン・ジュヒョン選手がライト線への二塁打とライトのエラーで三塁に進み、続く途中から出場の9番オ・ジファン選手がセンターに犠牲フライを放って勝ち越しに成功しました。

3-2で1点リードのLGは8回裏、この日2打席目のカルロス・ペゲーロ選手(元楽天)がライトへ貴重な追加点となるソロホームラン。4-2とリードを広げました。

LGは9回表、1、2戦と失点を許した抑えのコ・ウソク投手が5番手で登板。2死二、三塁のピンチを招くも、最後の打者をライトフライに抑えてゲームセット。勝利したLGは3連敗を逃れ、準プレーオフ敗退の危機から踏みとどまりました。

◆「途中出場の2選手が活躍」

LGは先月22日のトゥサン戦で左ひざのじん帯を損傷し、先発メンバーから外れていたオ・ジファン選手が5回裏に代打で出場。四球を選び、7回には決勝打となる犠牲フライを放ちました。

また第2戦に続いて先発を外れたカルロス・ペゲーロ選手も5回に代打で出場し、2打席目となった8回に貴重な追加点となるソロアーチを放ちました。1、2戦とリリーフ陣が崩れて敗れたLGでしたが、この日は途中から出場の打者2人がリリーフ陣に余裕を持たせる得点を挙げ、チームを勝利に導いています。

◇10月9日(水・休)の結果

・準プレーオフ第3戦

 LG 4- 2 キウム(チャムシル)

 勝:チン ヘス

 敗:オ ジュウォン

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。