警察から復帰したサムスンの26歳スラッガー 今週2発目が決勝打に<韓国KBOリーグ>

決勝2号3ランを放ったイ・ソンギュ(写真:サムスンライオンズ)

21日の韓国KBOリーグは2試合が雨で中止となり、残り2試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ対サムスンライオンズは6-3でサムスンが勝利。

サムスンは0-1で迎えた2回表、6番のイ・ソンギュ選手が四球で出た2人の走者を置いて、レフトポール際に2号3ランホームラン。3-1と逆転に成功し、逃げ切ったサムスンはこの一打が決勝打になりました。

プロ4年目26歳のイ・ソンギュ選手は先月、兵役を終えて今月1日に1軍に登録。18日のLG戦でプロ初アーチ、初打点を記録すると、19日のKIA戦では2打点。この日の決勝3ランを合わせて今週だけで2本塁打、6打点を残しています。

イ・ソンギュ選手は入隊中に所属した警察野球団で、昨季は31本塁打、79打点を記録しファームで二冠王を獲得。今年は除隊直後にその長打力を1軍で発揮しています。

8位のサムスンが勝って、7位のKIAタイガースがトゥサンベアーズに敗れて3連敗となったため、サムスンはKIAとのゲーム差を0.5に縮めました。

◆「1位SKと2位トゥサンのゲーム差が1に」

好調の2位トゥサンは4連勝。雨で試合が中止となった1位SKワイバーンズとのゲーム差は1.5から1となりました。

SKはこの日の中止により、明日22日のハンファイーグルス戦が14時開始のダブルヘッダーに変更になっています。

以下が2試合の結果です。

◇9月21日(土)の結果

・トゥサン 5- 3 KIA(チャムシル)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:パク チンテ

・KT 3- 6 サムスン(スウォン)

 勝:ライブリー

 敗:クエバス

・ハンファ 中 止 SK(テジョン)

 勝:

 敗:

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

 勝:

 敗:

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。