トゥサン、ダブルヘッダーで連勝し2位浮上 4連敗の首位SKとのゲーム差を2.5に<韓国KBOリーグ>

完投で15勝目を挙げたイ・ヨンハ(写真:トゥサンベアーズ)

19日の韓国KBOリーグはSKワイバーンズ対トゥサンベアーズ(インチョン)のダブルヘッダーと他2試合の計4試合が行われました。

15時開始の首位SKと3位トゥサンのダブルヘッダー1戦目はトゥサンが6-4で勝利。

続く18時55分に始まった2戦目は2-3でトゥサンが1点を追う8回表、1死一塁で3番のオ・ジェイル選手が左中間へ2ランホームラン。トゥサンが4-3として逆転に成功しました。

トゥサンの先発イ・ヨンハ投手は2本のホームランを喫するも、その他に与えたヒットは2本のみ。SK打線から8つの三振を奪い、9回を3点に抑えて、15勝目(4敗)を自身初の完投勝利で飾りました。

連勝のトゥサンは2位に浮上。首位SKは4連敗でトゥサンとのゲーム差が1日で2ゲーム縮まって2.5となりました。両チームの残り試合はSKが7試合、トゥサンは9試合です。

◆「ロッテ、来季の監督候補を明らかに」

新GMを迎え「活発な出塁に基づく、挑戦的な攻撃野球」を来季のテーマに掲げるロッテは19日、来季の監督候補を明らかにしました。

その顔ぶれは2008年から3年間ロッテを率いたジェリー・ロイスター元監督他、KBOリーグでのプレー経験のあるスコット・クールボー氏(元阪神)ら外国人監督。またコン・ピルソン監督代行をはじめ、国内の4、5名の候補者とも面接を行っているとしています。

ロッテはシーズン終了後、早い時期に来季の首脳陣を含めたチームの再整備を目指しています。

以下が4試合の結果です。

◇9月19日(木)の結果

・SK 4- 6 トゥサン(インチョン)

 勝:フランコフ

 敗:ムン スンウォン

・SK 3- 7 トゥサン(インチョン)

 勝:イ ヨンハ

 敗:キム テフン

・サムスン 12- 2 KIA(テグ)

 勝:チェ チェフン

 敗:ターナー

・NC 5- 3 LG(チャンウォン)

 勝:パク チンウ

 敗:チョン ウヨン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。