首位攻防戦でロマック(元DeNA)が4安打 結末はサヨナラボークでSKが勝利<韓国KBOリーグ>

チョン・スソン三塁コーチ(左)と走者のキム・ガンミン(写真:SKワイバーンズ)

チュソク(秋夕)連休中の14日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

1位SKワイバーンズと2位トゥサンベアーズがゲーム差3.5で迎えた首位攻防戦は初回から一進一退を繰り返しました。

序盤に両チーム点を取り合って、3回を終わってトゥサンが5-4でリード。しかし中盤以降はこう着状態となり、試合はトゥサンの1点リードのまま9回に突入しました。

9回表、トゥサンは2つの四球とヒットで2死満塁のチャンスを作ると、代打のリュ・ジヒョク選手がフルカウントから四球を選び、押し出しで1点を追加。リードを2点に広げました。

2点を追うSKは9回裏、この回の先頭打者、5番のジェイミー・ロマック選手(元DeNA)がこの日4本目のヒットとなる中前安打で出塁すると、次打者が二塁打で続き、7番キム・ガンミン選手のライトへのタイムリーヒットで二者が生還。SKは3連打で6-6の同点に追いつきました。

さらにSKは送りバントとヒットで1死一、三塁のチャンスを作ると、トゥサンは6番手のマウンドにペ・ヨンス投手を投入。

ペ・ヨンス投手は1番ノ・スグァン選手に初球を投じる前に、一塁へ偽投を見せるとこれがボークと判定され三塁走者が生還。SKは7-6としてサヨナラ勝ちしました。SKとトゥサンのゲーム差は4.5に開いています。

◆「全球場でホームチームが勝利」

14日は5球場ともホームチームが勝利。ポストシーズン進出圏内の5位確保を目指すNCは4連勝。NCを追う6位のKTも勝って、地元で連敗を4で止めました。

以下が全5試合の結果です。

◇9月14日(土・休)の結果

・LG 7- 2 KIA(チャムシル)

 勝:ケルリ(ケリー)

 敗:イ ミンウ

・SK 7- 6 トゥサン(インチョン)

 勝:パク ミンホ

 敗:イ ヒョンボム

・KT 3- 2 キウム(スウォン)

 勝:チョン ユス

 敗:キム サンス

・ハンファ 5- 2 ロッテ(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:ソ ジュンウォン

・NC 7- 1 サムスン(チャンウォン)

 勝:イ ジェハク

 敗:ユン ソンファン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。