サムスンの13年目左腕、好投で7勝目 自身初の規定投球回目前に<韓国KBOリーグ>

7勝目を挙げたペク・チョンヒョン(写真:サムスンライオンズ)

5日の韓国KBOリーグは3試合が雨で中止。2試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ対サムスンライオンズは4-0でサムスンが勝利。

サムスンの先発、左腕のペク・チョンヒョン投手は1回表、クリーンアップに対しヒット2本と四球で満塁とするもピンチを切り抜けました。

2回以降のペク・チョンヒョン投手は安定感のあるピッチング。変化球を低めに集めて内野ゴロを誘い、7回途中まで109球を投げ、チーム打率トップのキウム打線を被安打3、無失点に抑えました。

ペク・チョンヒョン投手は今季7勝目(9敗)。2017年に記録した自己最多の8勝にあと一つに迫りました。またここまで137イニングを投げ、プロ13年目で自身初の規定投球回数到達まであと7回としています。サムスンは3連勝です。

◆「侍・稲葉監督、キウムの3、4番に注目」

韓国視察中の野球日本代表・侍ジャパンの稲葉篤紀監督はこの日、コチョクドームを訪問。キウムの3、4番、イ・ジョンフとパク・ピョンホ両選手を「間違いなく(代表に)入ってくる」と注目しました。

稲葉監督は2人を好打者と評価。イ・ジョンフ選手について「コンパクトに振っていてバットコントロールがいい。低めの球を追い込まれながらさばいていく」とし、パク・ピョンホ選手を「長打を打つ雰囲気がある」と話しました。

イ・ジョンフ選手は現在、リーグ2位の170安打を記録。17年に行われた24歳以下の大会、アジアプロ野球チャンピオンシップで代表入りしています。

リーグトップの30本塁打を放っているパク・ピョンホ選手は15年の第1回プレミア12で韓国打線の中軸に座り、日本と対戦しました。

以下が2試合の結果です。

◇9月5日(木)の結果

・LG 中 止 ロッテ(チャムシル)

 勝:

 敗:

・キウム 0- 4 サムスン(コチョク)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:ヨキッシュ

・SK 中 止 トゥサン(インチョン)

 勝:

 敗:

・KT 中 止 KIA(スウォン)

 勝:

 敗:

・NC 0- 3 ハンファ(チャンウォン)

 勝:チャド・ベル

 敗:フリードリック

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。