李鍾範(元中日)の長男 スンヨプ越えの史上最速、最年少で500安打達成<韓国KBOリーグ>

史上最速、最年少で500安打達成のイ・ジョンフ(写真:キウムヒーローズ)

22日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ対KIAタイガースはKIAの先発、エースのヤン・ヒョンジョン投手が好投。8回89球を投げ被安打5、無四球でキウム打線を0点に抑え、味方の5点リードもあり9回はリリーフ陣に託しました。

9回裏の攻撃を0-5で迎えたキウムは1番からの攻撃で2点を挙げると、2死一、二塁で7番代打のソン・ソンムン選手がライトへ同点3ラン。5-5として延長戦に突入しました。

10回以降は両チーム得点なく、試合は延長12回規定により5-5の引き分けに終わっています。

◆「イ・ジョンフ、史上最速、最年少での通算500安打達成」

キウムの3番、高卒3年目のイ・ジョンフ選手が4回裏、この日の2打席目に一、二塁間を破るヒットを放ち、これが今季158安打目となって、通算500安打を達成しました。

この試合が通算369試合目のイ・ジョンフ選手は、これまでの最速記録だったジェイ・デイビス元選手(元ハンファ)の386試合を更新する500安打達成。また21歳2日での通算500安打は、イ・スンヨプ元選手(元サムスン)の21歳10か月14日よりも早い最年少記録となりました。

2017年にプロ入りしたイ・ジョンフ選手は1年目に179安打、翌18年は163安打を記録。今季はここまで115試合に出場し158本のヒットを放っています。

イ・ジョンフ選手は球界のレジェンドで中日でもプレーしたイ・ジョンボム現LGコーチ(49)の長男。父ジョンボム氏が中日1年目の1998年8月に生まれた名古屋出身です。

以下が全5試合の結果です。

◇8月22日(木)の結果

・LG 2- 5 NC(チャムシル)

 勝:ク チャンモ

 敗:イム チャンギュ

・キウム 5- 5 KIA(コチョク)

 勝:

 敗:

・SK 8- 6 ハンファ(インチョン)

 勝:パク ミンホ

 敗:イ テヤン

・KT 4- 2 ロッテ(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:ラリー

・サムスン 1- 13 トゥサン(テグ)

 勝:フランコフ

 敗:ウォン テイン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。