NC、初回に満塁弾含む6点を挙げて首位SKに大勝 連敗を3で止める<韓国KBOリーグ>

満塁アーチを放ったキム・ソンウク(写真:NCダイノス)

17日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス対SKワイバーンズはNCが1回裏、2本のヒットと3つのフォアボールで2点を挙げ、なおも2死満塁のチャンスで、8番のキム・ソンウク選手が左中間へ5号満塁ホームラン。NCは初回に6点を挙げ、大きくリードしました。

NCの先発クリスチャン・フリードリック投手は大量リードをバックに、7回87球を投げて、被安打3、SK打線を0点に抑え、試合は9-0でNCが大勝。7月入団のフリードリック投手は6試合目の登板で5勝目を挙げました。5位のNCは連敗を3で止めています。

◆「おととしまでの正捕手が復帰」

NCは2017年まで正捕手として活躍し、昨季と今季ここまで入隊により警察野球団に所属していたキム・テグン捕手が除隊。この日、8回の守備からマスクをかぶり、復帰後初出場となりました。

NCは今季、トゥサンからFAでヤン・ウィジ捕手が加入。一方、復帰したキム・テグン捕手は出場日数を満たすと今オフのFA権を取得するため、動向が注目されています。

以下が全5試合の結果です。

◇8月17日(土)の結果

・トゥサン 9- 2 ロッテ(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:チャン シファン

・キウム 4- 8 ハンファ(コチョク)

 勝:シン ジョンラク

 敗:ヨキッシュ

・サムスン 7- 2 LG(テグ)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:ケリー

・KIA 3- 4 KT(クァンジュ)

 勝:イ デウン

 敗:パク チュンピョ

・NC 9- 0 SK(チャンウォン)

 勝:フリードリック

 敗:パク チョンフン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。