ロッテ、イ・デホの決勝打で5月21日以来の最下位脱出<韓国KBOリーグ>

決勝打を放ったイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

3日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場で行われたロッテジャイアンツ対トゥサンベアーズは1-1で迎えた8回裏、ロッテは1死から2番ソン・アソプ選手が一、二塁間へのゴロ。この打球をこの回からセカンドの守備に入ったオ・ジェウォン選手が止めるも、一塁への送球が悪送球となりました。

ボールが一塁ベンチ前に転がる間にソン・アソプ選手は二塁へ。ロッテは内野安打と相手のエラーで走者を得点圏に進めました。

2死二塁となって迎えた4番のイ・デホ選手は初球をセンター前へタイムリーヒット。二塁からソン・アソプ選手が還って、ロッテは2-1と勝ち越しに成功しました。

1点をリードしたロッテは9回表、4番手のソン・スンラク投手がトゥサンの下位打線を三者凡退に抑えてゲームセット。ロッテは3連勝を飾りました。

この日10位のロッテが勝ち、ロッテとゲーム差なしの9位だったハンファが敗れたため、ロッテは5月21日以来の最下位脱出に成功しています。

一方、ハンファは6月18日から約1か月半、9位でしたが、ロッテと入れ替わって今季初の10位となりました。

◆「各カード2連戦のスタート」

8月3日から各カード2連戦の試合編成となりました。韓国は連戦が終わると、試合後その日のうちに次の遠征先(またはホーム)にバスで移動。到着は深夜、明け方というスケジュールです。

2連戦では本拠地のカードが続く場合を除き、日々移動が絡んできます。移動に関しては「慣れる」そうですが、2連戦は連敗した時のダメージが大きくなるのが慣れないと日本人コーチの方々からはよく聞きます。

3連戦であれば1、2戦で負けても、「何とか一つ取ろう」というムードになるのが、2連戦では気持ちの立て直しが難しいそうです。

◇8月3日(土)の結果

・LG 13- 10 サムスン(チャムシル)

 勝:キム デヒョン

 敗:チェ ジグァン

・キウム 1- 7 KT(コチョク)

 勝:クエバス

 敗:チェ ウォンテ

・ハンファ 0- 3 SK(テジョン)

 勝:ソーサ

 敗:チャン ミンジェ

・KIA 5- 1 NC(クァンジュ)

 勝:イム ギヨン

 敗:ク チャンモ

・ロッテ 2- 1 トゥサン(プサン)

 勝:チン ミョンホ

 敗:ハム ドクチュ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。