首位SK、エースのキム・グァンヒョン13勝目 主砲ロマック23号弾放ち貯金35に<韓国KBOリーグ>

13勝目を挙げたキム・グァンヒョン(写真:SKワイバーンズ)

8月1日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場で行われたSKワイバーンズ対KIAタイガースは、KIAが1回表に4番チェ・ヒョンウ選手のタイムリーで1点を先制するも、その裏SKは5点を挙げて逆転。

SKの先発、エースのキム・グァンヒョン投手は2回以降、5回まで三者凡退を続ける好投を見せました。

キム・グァンヒョン投手は7回を投げて被安打3、失点1。球数84と余力を残してマウンドを降りました。

SK打線は3、4回に2点ずつ追加し中盤までに9-1と大量リード。7回には4番のジェイミー・ロマック選手(元DeNA)がリーグ単独トップに立つ23号ソロを放ち、得点を2けたに乗せました。ロマック選手はこの日2本の二塁打も放ち、3安打2打点でした。

ダメ押し23号を放ったジェイミー・ロマック(写真:SKワイバーンズ)
ダメ押し23号を放ったジェイミー・ロマック(写真:SKワイバーンズ)

試合はSKが10-1で勝利。キム・グァンヒョン投手は13勝目(3敗)。首位を走るSKは68勝33敗1分けで貯金を35としています。

あす2日は試合がなく、3日からは各カード2連戦での編成となります。

◆「チェ・ヒョンウ、史上5人目の通算1200打点」

KIAのこの試合唯一の得点だった初回の1点は、KIAの4番、チェ・ヒョンウ選手の通算1200打点でした。これはイ・スンヨプ、ヤン・ジュンヒョク、キム・テギュン(ハンファ)、イ・ホジュン各氏に次ぐ、史上5人目の大記録です。

チェ・ヒョンウ選手は除隊後の24歳にレギュラーに定着した遅咲きですが、2度の打点王、6度の100打点越えを記録し、レジェンドたちに近づきました。

◇8月1日(木)の結果

・LG 11- 5 キウム(チャムシル)

 勝:キム デヒョン

 敗:キム サンス

・SK 10- 1 KIA(インチョン)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:ホン ゴンヒ

・KT 1- 3 ハンファ(スウォン)

 勝:チャド・ベル

 敗:ペ ジェソン

・サムスン 4- 9 ロッテ(テグ)

 勝:ダイクゾーン

 敗:マグワイア

・NC 2- 3 トゥサン(チャンウォン)

 勝:イ ヒョンボム

 敗:キム ヨンギュ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。